FC2ブログ

団体戦における各ポジションの重要性

今回は 『団体戦におけるよくある勝ち負けのパターン』の補足としてスポチャンでの団体戦の各ポジションの役割を述べておきます。
ただしスポチャンの団体戦は3人一組が多いため参考にする際には注意が必要です。それと基本的な団体戦では先鋒が小太刀、中堅が長剣フリー、大将が二刀、ですが大会によって異なる場合がありますのでそれにも注意が必要です。それと下で挙げたサイトを参考にしながら一般論や私自身の考えを述べていますので参考に留めて下さい。なお『参考にして失敗した』等の苦情などは一切、受け付けませんのでご了承下さい。

  先鋒は最初なのでポイントゲッターとしての役割があり、また先鋒が勝つ事で『次に繋げる』ということから『ムードメーカー』としての役割も必須です。勝つ際に一番、強い選手を置いておきたいポジションですが相手の実力が分かった(もしくは分かっている)場合は次に強い選手を置くのも一つの手ですが先鋒で負けるのはリスクが高いため勧められません。


  中堅は『ここで勝つぞ!』という気持ちが必要になるとともに実力も必要になる上に先鋒が負けた際に大将に繋げるため『負けない気持ち』むしろ『精神力が強い』選手が必要です。またここに一番強い選手を置いた方が無難です。


  大将は先鋒もしくは中堅ののうち片方が勝ってもう片方が負けた際に勝たないと敗退するため場合によっては一番、重要です。状況によってはここに一番、強い選手を置く必要があります。また大会によっては個人戦の後に団体戦を行うのが多いため先鋒や中堅以上にスタミナが必要です。ただし『先鋒と中堅で勝つ』という戦略を考えている場合は一番、弱い選手を置いても良いですが、前述の状態(先鋒と中堅のうち片方が勝ってもう片方が負ける)で大将が負けると敗退するため勧められません。

  
  最後に、今回のを書くのに当たってある選手が『大将に就きたい』と述べた際に『大将が一番、楽だから』という理由を聞いて怒りや憤りを感じるとともに『大将が一番、重要なポジションだ』と述べたくて書きました。また『団体戦におけるよくある勝ち負けのパターン』でも書きましたが『最初から相打をして大将で勝とう』や『先鋒と中堅は引き分けをして大将で勝とう』や『先鋒が勝った後は中堅や大将は相打にするのが良い』に対しても疑問(場合によっては無知)を感じるとともに怒りや憤りを感じて書いた次第です。団体戦(少なくともスポチャンの団体戦)では『勝ち負け』が基本であり相打や時間切れなどによる引き分けは『負け』と同じなためすべきではないです。



今回は以下のサイトを参考にしました。

剣道中毒

なお今回は『剣道の団体戦!各ポジションには重要な役割があった!!』』を参考にしました。それと『剣道中毒』のトップページから入った際にはカテゴリのうち『試合関係』から入ると見つかります。

コメントの投稿

非公開コメント

精神論を除いて考えれば、引き分けに持ち込んでいい状況かそうでないかで試合運びを変える必要があるのかなと思いますよ。

例えば1勝1分で回ってきた大将戦であれば、負けさえしなければ相打ちでもチームは勝ちなので、リスクを取って攻める必要は無いですね。そうやってのらりくらりとやっているうちに相手が焦って自滅してくれて、格上の相手だとしても勝ててしまうかも知れません。状況的な優位を最大限活かすべきでしょう。


逆にこの状況になってしまうと、追う側はリーチが長く攻撃力の高い選手を温存しとかないと非常に厳しくなりますね。

私自身、団体戦は『勝ち負け』が基本だと考えています

ケンダイです。コメントを拝見しました。須磨さんの考えは正しいです。ただ、私としては引き分けや相打はすべきではないと考えています。そればかりか初心者が団体戦のメンバーにいた際に『最初の選手が勝ったから次は相打(もしくは『引き分け』)に持ち込め』と述べたら『無理です』と返すのがオチです。それだったら『負けてもいいからやって来い』と述べた方がまだ良いです。もちろんそう述べた上で結果として負けても仕方がないです。また「先鋒が勝って中堅や大将が相打ちをして勝つ」や「最初から相打ちをして大将で勝つ」や「先鋒と中堅は引き分けをして大将で勝とう」のいずれも反対なのは初心者はもちろんの事、慣れている選手でも難しいと考えて書きましたがそういった事を考えると『勝ち負けは基本』と考えている上で『確実に勝っておきたい』と考えています。極論をいえば全員、勝つのがベストであり、2勝(先鋒と中堅、中堅と大将、先鋒と大将、いずれかで勝つ)は理想、と考えている一方で『1勝だけしかできなかった』のはあまりにも惨めです。それだったら完敗の方がまだマシです。
最後にレスをいただいて本当にありがとうございました。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる