FC2ブログ

銃剣道を体験する

  2週間前にO道場の先生から「銃剣道の見学をする」という話を聞いた上で前日に妹夫婦の子供が来るのを見越して休暇を取ったが。しかし子供の迎えが遅いと行けなくなるため心配だったものの、運よく早めに迎えが来たため何とか見学に向かう事ができた。

  時間になりO道場の先生、さらには銃剣道の道場の先生と生徒が来ると早速、始まった。とはいえ知識として銃剣道を知っていても実際に行うのは初めてであるため色々まごついた。さらには慣れていないためかなり緊張した。特に突く際には木銃を先に出さずに足が先に出てしまったりするなどかなり大変だった。また防具は剣道の物と似ているものの、胴と垂(たれ)を着ける前に着ける胴布団(どうふとん。後述する肩(肩の防具)だけでは突きの衝撃を抑え切れないため着ける)や肩(左胸や肩を突きから守る)を着けた際にはかなりキツかった。なお垂や胴は剣道をしていた関係で着け方は知っていたものの、垂が腰骨(こしぼね。解剖学でいう『腸骨陵(ちょうこつりょう)』)よりも上に着ける関係で胴も剣道よりも上に着けたが。それとは別に木銃を実際に使って行ったが意外と重く、スポチャンの長槍がいかに軽いかが良く分かった。
しかし、習ったりしているうちにスポチャンと似た動きや動作、さらには突きの際にかつて習った動作が似ているの気がついた。もっとも、ここでもスポチャンでの悪い癖が出てしまったが。
最後に突きの形の練習をしたが動きが何となく分かってやりやすかった。もっとも形の最後の部分を行った際に長槍や短槍の基本動作は最後の部分を参考にしたのははっきり分かった。

  銃剣道を体験して長槍や短槍は銃剣道を参考にした、というのを強く感じるとともに「スポチャンの原点の一つはこういうのだったのだな」というのを強く感じた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる