FC2ブログ

金曜日の練習(Aさんが来る)

  いつものように練習に向かったが先週と違いO道場の先生や生徒はいなかった。T君とO先生で練習を行っていたが時間が来たため帰ったが帰る前に会長が来るとともに道場の先生がやって来た。
道場の先生が来たのを受けて準備運動を行ったが柔軟体操を行った際に体が硬くなった(詳細は補足で述べる)のを感じた。

補足
  柔軟体操のうち脚を開いて顔を片方の膝に載せるのを行ったのだがいつものなら右の膝に顔が載るのができなかった。

  準備運動が終わって突き蹴りや受身を行うと突き蹴りの形や投げの形を行ったもののうまくできなかった。なおAさんは投げの形が終わったあたりに来た。

  投げの形が終わるとAさんは道場の先生に突き蹴りの形(練習の際に行っているのとは違う形)を教わっていたがそれを見ながら会長と小太刀や長剣を行った。しかし最初は「受けてから打つ」のを行おうとして失敗して打たれていたが「『受けてから打つ』では難しい」と考えて自分から打つようにした。
長剣を終えるとAさんのリクエストで形を行ったがうまくできなかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

木曜日の練習

  いつものように練習場所に向かうが到着した際に道場の先生から「R君たちは体調が悪いので休む」という話を聞いて「先々週の大会でインフルエンザに罹った」のを強く感じた(なお先週の練習では私自身もインフルエンザに罹ったため休んだ)。
そのため30分ほど待っていたが「せっかくだからできる基本動作を行おう」と考えて短刀と小太刀と長剣と長槍と棒の空気を入れてから練習場所にある鏡を使って基本動作を行った(行った基本動作は補足で述べる)。

補足

  行った基本動作は順に短刀、小太刀、長剣両手、二刀、盾小太刀、長槍、長巻、棒。なお杖はないため棒で代わりに行い、短槍も長槍で行って代わりにするとともに盾長剣は盾小太刀で代わりとした。今思うと盾短刀もしておけば良かった…。

  基本動作を終えて少ししてHさんが来るとともにTさんやUさんが来たので小太刀から行った。とはいえTさんや。Uさんにはうまく打つ事ができなかった。すぐにMさんが来るとMさんには散々、打たれた。なお最後にHさんと行った際にはかなりうまく打つ事ができた。
  小太刀が終わって次に長剣を行ったがこちらもTさんやUさんやMさんには散々、打たれた。なお最後にHさんと行った際にはかなりうまく打つ事ができた。
  長剣の次に二刀を行ったが最初に盾長剣を行った。ただTさんにはうまく打つ事ができたがUさんには散々、打たれた。なお人数の関係で休憩が入ったのでそこから二刀に変えたはMさんにも打たれた。なおここでも最後にHさんと行った際にはかなりうまく打つ事ができた。
最後に得物自由、という事でいつものように長巻を行ったがここでもTさんやUさんやMさんには散々、打たれた。そればかりかHさんにもうまく打つ事ができなかった。
  やがて時間が来たため自宅に帰った。

火曜日の練習(月一の大会(盾長剣))

道場の先生が遅れて来る、という話をメールで受け取ったので早目に自宅を出た。
練習場所に到着して間もなく道場の先生のご子息と奥様が来たので早速、準備を行った。
準備をしてすぐに生徒たちが次々と来るため先に礼を行ってから準備体操を行うとともに準備体操が終わった後で各自で練習(ただし小太刀で行った)を行いつつ大会の準備を行った。

準備が終わると最初に二部リーグ戦から始まった。二部リーグ戦は熱戦だったものの二人の選手が泣いてしまい順調には進まなかった。
二部リーグ戦が終わって次に一部リーグ戦が行われたが熱戦なのに加えて長期戦になったのが3つほどあった。そのため長期戦になった選手を休ませるため次の対戦を飛ばしてその次の対戦を行ったのは痛かった。

  一部リーグ戦が終わって入れ替え戦が始まったが一部リーグの下位の選手と二部リーグの上位の選手で行った際に二部リーグも上位の選手が一部リーグ下位の選手に勝ったため入れ替えとなったのは驚いた。

  大会が終わって道場の先生と練習を行ったが当初は道場の先生と行うのを勘違いしてY君と道場の先生で行ってしまったが道場の先生のご子息と行う事になった。
ご子息と行った後で道場の先生と行った(その際に長剣を行った)がそこそこうまく打つ事ができた。
長剣が終わると次に長剣両手を行ったがこちらもそこ打つ事ができた。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

金曜日の練習(O道場の生徒が来る)

いつものように練習に向かうと先週とは違ってO道場の先生とご子息とY君、S道場のT君が盾小太刀を行っていた。それを見ながら着替えると様子を見つつ審判に加わった。ただO道場の先生がご子息やY君やT君と行った際には余裕があまりなかった。それを見ていたのを受けて次に私が行った際には余裕を持って行うとともに剣道での『掛かり稽古(やり方等は補足で述べる。なおこれ以降は『掛かり稽古』と表記)』の要領で行いつつ隙を見せないようにしつつも隙を与えていたがなかなか思うようにはいかず、打つつもりがない所で打ってしまい失敗した。またご子息やY君では構えている際に小太刀を払ったり巻いたり、張って(『張って』についても補足で述べる)から打たせるつもりが打たないのを見てこれも失敗した。T君と行った際に最初は盾長剣で行う(T君と私の身長差を埋めるべく盾長剣で行ったが盾小太刀で盾長剣の相手をしているためここでも余裕を持って掛かり稽古の要領で行った)もT君が長剣をうまく使うのが無理なためやむなく盾小太刀に変えると余裕を持って行うのがうまくいかずに打つつもりがない所で打ってしまい失敗した。

補足
   今回、私が行った掛かり稽古では隙を見せないようにしつつも隙を見つけて打たせる、あるいは見せている隙を打って来たのでそれを避けてから別の隙を見つけて打たせる、の行った。なおこの掛かり稽古はスポチャンではあまり勧められない。少なくともスポチャンでは『受けてから打つ』や『打っても打たれない』があるため剣道での掛かり稽古(もしくは今回の掛かり稽古)をそのまま行うべきではない。むしろ行う場合には『受けてから打つ』や『打っても打たれない』をうまくアレンジする必要がある。具体的にはこちらから打って来たのを受け止めたり避けてから打たせる、というのを行うのが良い。
また『張って(以降、『張る』と表記)』は構えている剣(この場合は小太刀)を少しだけ右、もしくは左に払って相手の機先を制するのが目的(今思うと『張る』を行ったのは大人げない)。また構えの段階で『払う』や『巻く』はスポチャンの初心者や小学生などにはすべきではない(行った際には『乱暴だ』と感じた事による。それ以外では稽古を付けていただいている先生や偉い方にもすべきではない。ただし大会で対戦相手が強い感じて『勝ちたい』と思った際に使うのが良いがそれもできるだけ避けた方が良い。なお長槍や短槍、あるいは小太刀などの突きに対しての『払う』や『巻く』は必須の技なので除外する(突きを避ける際に必ず行うため)。

  私の番が終わって最後にO先生が行ったがかなり大変だったらしく最後の方は息が切れていた。
やがて時間が来たため先生に例をすると道場をほうきで掃いてから自宅に帰った。

少し強い地震がありました

今から およそ30分前に少し強い地震が発生しました。なお私や自宅は無事です。これは暫定です。何かがあり次第、書き込みます。自宅に被害はありません。この書き込みを持ちまして無事を確定します。(2019年11月22日午後2時2分 追記)

火曜日の練習(O市の広報の取材が来る)

  大会が終わった事による疲れからか体調を崩してしまい、腕や膝、さらには胸が引きつる痛みの中、ストーブを持っていくべく練習に向かった。

  練習場所に到着すると急いで着替えたがその前にYちゃんが準備体操を行った。そして練習を行う前にO市の広報担当の方が来たのでY君とy君(Y君と区別するためこの表記)が取材に応じたので道場の先生に練習を任されたので早速、小太刀基本動作から行ったが当初は道場の先生のご子息とYちゃんとN君とT君だけだったが後からS君とs君(S君と区別するためこの表記)とMちゃんと次々に生徒が来るため全員を見るのは無理になったので一人づつ行って悪い点を挙げる、というのを行った。しかし悪い点ばかり挙げていて聞いている私としてはかなり辛かった。
最後に道場の先生のご子息が見本として行ったがいつの間にか道場の先生がいて、ご子息を笑わそうとしていたものの号令をかけている私も笑ってしまいやり辛かった。

  小太刀基本動作を終えると次に盾長剣の練習を行ったが時間が押していて回り稽古で行うとともに時間があったら練習試合、と考えていたが思うようにはいかずそのまま押し切ったのは失敗だった。やがて広報の取材が終わってY君とy君が来るとかなり忙しくなった。そのため練習試合を行うのは無理なため回り稽古をそのまま行うと時間が来たので終わりになった。

  次に道場の先生との練習では最初に小太刀から始めたが動きが悪くうまく打つ事ができなかった。その次に棒を行ったがこちらは何とかうまく打つ事ができた。しかし棒が終わったあたりから調子が悪くなり長剣ではうまく打つ事ができなかった。
長剣が終わったあたりから寒気を感じたためやむなく自宅に帰った。

大泉太田大会  レポート

  大会当日に何らかのイベントがあるか分からない中、予定し時刻よりも早く起きてしまったので予定の時刻までテレビを見て過ごしてから出発した。
会場に到着してから仮眠を取ろうとしたものの会長やO先生が到着したため仮眠を取る事ができなかったのは痛かった…。

   S先生が到着すると早速、会場の設営が始まったがその中でのぼり旗を入り口近くの柱に着ける際に剣道着を着けていたり防具袋を担いていて片方の肩に竹刀入れを担いていたり、さらには竹刀入れに木刀(実際に差しているのは大刀であって小刀ではない。詳細は後述する補足1で述べる)のを見て剣道の昇級昇段審査会があったのが分かった際には『早く到着して良かった』と強く感じた(剣道の昇級昇段審査会がある以上、駐車場が一杯になるのは目に見えていたため)。

補足1
  剣道の昇級昇段審査で木刀を使う理由として審査で木刀を使用しての基本稽古法(名称は『木刀による基本技稽古法』)、もしくは日本剣道形で使用するため。なお、のぼり旗を着ける時に近くにいる会長に竹刀入れに木刀を差している理由を話した際に上記の「『木刀による基本技稽古法』(そこでは『木刀を使っての基本技稽古法』と述べただけでなく「かつては『木刀による基本動作』呼ばれていた」や「(スポチャンの)小太刀基本動作と紛らわしいので『木刀による基本稽古法』に変更したと付け加えたり、「行い方(話した際には『やり方』)としては小太刀基本動作と同じ」と述べた)や「『初段では『日本剣道形』で使用する』」事を説明した。ちなみに日本剣道形では大刀の部と小刀の部に分かれていて、ほとんど(少なくとも初段や二段あたりでは)が大刀の部のみ行うが段位が上がると小刀の部も行われるので合わせて述べておく。

  会場の設営が終わって少ししてから打ち合わせとして今回の大会の運営やルールの説明について聞くとともに合戦で使う得物の一覧表と計算機を見せたが合戦は試合場を一つしか使わないため失敗した(一覧表を2枚、持って来たため)。なお計算機は合戦で使う際に役に立ったが。なお午後にチャレンジスポーツがある、という話があったので合戦を先に行い、それが終わった後でチャレンジスポーツで必要な審判を向かわせる、という話や短槍については一度、選手を集めてルール説明を行う、という話をして終わった。

開会式が終わって最初に小太刀基本動作を行うが今回は小学生以下と一般で分けるため最初に審判を行うと一般の部が始まったが正直な所、予選敗退が頭にあったため「県内の大会だったら…」と困り果てていた(詳細は補足2で述べる)。しかも県内の選手はTさんと大会実行委員長のS先生(なおこの種目だけ参加)だけだったためさらに困った。
  小太刀基本動作の種目が始まるが1回戦は僅差(分かりやすくいうと旗一つ)で勝ったので驚いた。なお対戦相手が「お願いします」と言ったので普段は言わない「お願いします」と言ってみてうまくいった。もっともここではつい言ってしまい動揺したが。
人数が少ないため1回戦を突破すると次に準決勝となったが勝ち目がないのは見て分かったがなぜかここでも僅差で勝った。ここでも「お願いします」と言った(対戦相手も言っていたが)がこちらは動揺しなかった。
決勝では敗退しても準優勝なので気持ちが落ち着いてきた事もありゆったりとした気持ちで行うとここでも僅差で勝って優勝した。ここでは対戦相手が「お願いします」と言わなかったので驚いたが動揺しなかった。

(小太刀基本動作で『お願いします』と述べたのを思い出したので記事を差し替え 2019年11月21日 午後1時49分)

補足2
  なお私自身は大泉太田大会は県内の大会、という認識のため困り果てていた。しかも行う時期が悪く県内の選手が集まらない(大泉太田大会の2週間前に世界選手権大会があったため県内の選手があまり参加しなかった)ためやむなく県外の選手(参加したのはS県とT県とI県)を招待選手として招待したのが原因。

  小太刀基本動作が終わって小太刀の種目が始まるがここでも最初に小学生高学年の審判を行ったがその次に一般の部では小太刀基本動作ようにはいかないのは目に見えていた。もっとも受付で参加料を支払った際にパンフレットと領収書とともに番号の書いてあるシールとエントリーカードが渡されたがエントリーカードをを使う理由が分かった(補足3で述べる)。
ただ参加する選手が9人だったので人数の関係で1回戦の予選(逆シード)が行われるとともに運悪く予選に入った上に対戦相手はTさんだった(TさんはM道場での練習で散々、打たれていてやり辛いため)…。とはいえ、Tさんに勝ってさらに勝つとベスト4なのでなんとか勝とうと挑んだが運良く勝った。1回戦に進出するがその次は県外の選手との対戦だったので心配だったがそこでも何とか勝つが準決勝ではI県のK先生と当たり敗退した。その次の3位決定戦でも県外の選手と当たったがここも敗退して敢闘賞で終わった。

補足3
  エントリーカード(以降、カードと表記)について簡単に述べると種目が始まる前にカード試合場にいる係りに渡すと係りはカードをシャッフルしてトーナメント表に並べ(並べる際には裏向き)、並べ終えると表(おもて)にして対戦相手を決めるとともに勝者は次のトーナメントに進出する際にカードを次のトーナメントに上げる。
番号の書いてあるシールは面に貼っておく事で対戦する際の番号として呼ぶ際に使うのが目的。

  小太刀が終わって次に長剣を行ったがここでも最初に審判(こちらは小学校低学年)を行い、その次に一般の部が行われたが1回戦の予選はないもののここでもTさんと当たったのは痛かった…。ここでも何とかTさんに勝って準決勝でも勝って決勝に進んだが対戦相手はKさんだったのでここでもやり辛いのを強く感じた。

  長剣が終わると午前の部の最後を締めくくるべく小太刀基本動作のグラチャン戦が行われた(詳細は補足4で述べる)がグラチャン戦はないものと考えていたのでかなり慌ててしまったものの始まると気持ちが落ち着いて来たが対戦相手の方が上のためグラチャンでの優勝を逃した。

補足4
  グラチャン戦は小学生以下の部での優勝した選手と一般の部で優勝し選手で行われる(すなわち二人で行う)。

  小太刀基本動作のグラチャン戦が終わると次に小太刀と長剣の決勝戦を行ったが先に小太刀の決勝が行われたが小学校低学年や高学年、一般の部、といずれも熱戦だった。次に長剣の決勝戦が行われるとこちらも熱戦だったのに対して一般の部の決勝戦が行われたものの先に一本、取られたので取り返そうとして勝負に焦りさらにもう一本取られたのは失敗した…。

  午後になってパンフレットの予定である短槍を行わずに合戦を先に行った(理由は補足5で述べる)が出場するチームの持っている得物の長さの合計を一覧表を見たり計算機で計算して確認した(こちらも補足5で述べる)。合戦が始まると熱戦になったものの審判はうまくできなかった。

補足5
  上記の通り、当初は短槍を先に行う予定だったが朝の打ち合わせでチャレンジスポーツを行う際に審判が足りなくなる、という話をしている一方で合戦では審判が多く必要になるとの事だった。なお合戦では選手一人につき一人は必要でそうしないと全員を見るのは困難、しいては「先に当たったのに『当たっていない』」と言う選手や先に当たった後で後打する選手が出るのを防いだり、先に当たった選手や相打をした選手を場外に出す必要があるため。
  また合戦では使う得物の長さの合計が320センチのためそれを越えると出場できなくなるか320センチに収める必要があるため1チームごとに得物の長さを計算機で計算した。なお320センチに収めるため1チームの人数がまちまちになる。具体例として、長剣では3人(300センチ(長剣1人は100センチ))なのに対して長剣2人(200センチ)と小太刀2人(120センチ(小太刀1人は60センチ))では4人(合計すると320センチ)になる。
余談として、1チームだけ360センチになっていたがすぐに320センチに収めた。なお得物は長剣2人(200センチ)と小太刀1人(60センチ)と盾小太刀(100センチ(小太刀:60センチ、盾:40センチ))で合計は360センチになるが盾小太刀の選手が勘違いして盾を持っていたため盾を使わない事で小太刀になり320センチに収まった。

  合戦が終わって短槍が始まるが始めるのに当たって短槍のルール等を説明するため選手を集めると短槍の持ち方や突きの範囲や斬り(斬撃、というと理解しやすいがここでは『斬り』と表記)の範囲を説明したが行うのに当たって実際に行う方が分かりやすいのに気がついて集まる際に面と短槍を持って来ると行った(詳細は補足6で述べる)。説明が終わると早速、小学生低学年の部が行われたが審判が私とS先生だけで行ったがうまくできず、やがてS県の選手が審判に加わった事でうまくできた。
一般の部ではTさんとの直接対決は避けられたものの1回戦の対戦相手は強かったが運良く突きが当たった(もっとも弱く当たったが)ので驚いた。しかし準決勝では対戦相手が強く敗退するも3位決定戦では何とか勝った。

補足6
  短槍の持ち方を説明する際に曲がる所(短槍の代用として使う長剣の半分の所、そこから後ろは芯がある)から握り拳一つ分、芯がある所の上端部分で持つ。
  突きに関しては面(具体的には顔と首)と胴(こちらは胸と腹だが下腹部の突きは無効)は有効だが腕の突きは無効。実際に突いたが寸止め留めて突きを当てていない。
  一方の斬りは腕と脚と胴だけ有効で面に関しては接近戦になるため危険なので無効、とのことだったが一般の部では面の斬りも有効だった…。なお斬りに関しては実際に行うとともに打ちとの違いの説明(斬りは打った際に振り抜くのに対して打ちは振り抜かずに叩くだけ)を行った際に打って『斬り(すなわち『振り抜く』)』と『打ち(振り抜かずに叩く)』の違い見せた。

  短槍が終わると小太刀二刀が行われたがこの頃になると疲れがピークに達していて動きが悪かったばかりか脚が痛いため動きたくはなかった。そんな中、一般の部が始まるが動きが悪いのがあだになり1回戦で敗退した。

  全部の種目が終わって閉会式になると賞状の授与のため急いで上席に座るが立っていた方が良かった。賞状の授与が終わって会長や大会実行委員長の挨拶、そして閉会宣言を述べると終わりになったがその後でO支部で集まっての記念撮影や会場の掃除などを行うと自宅に帰るが帰る前にメモを取ってから帰るも疲れがひどいため会場からあまり離れていないスーパーで仮眠を取ってからようやく自宅に帰った。

金曜日の練習(通常の練習を久しぶりに行う)

  いつものように辛い中で練習に向かった。
練習場所ではT君と道場の先生と会長がいる中で練習を行ったが時間が来たため終わって自宅に帰った。
  T君と保護者が帰ると道場の先生が話をしながら準備体操をするがすぐに準備体操を行うと突き蹴りを行い、受け身などを行った後で突き蹴りの形を行ったが準備体操だけでなく突き蹴りやその形では久しぶりに行ったためうまくできなかった。
突き蹴りの形を行うと次に投げの形を行ったがこちらもうまくできなかった。
最後にスポチャンを行ったが小太刀を行った際には最初に会長と行ったうまく打つことができたのに対して道場の先生と行った際にはうまく打つことができなかった。しかしO先生と行った際にはうまく打つことができた。
小太刀が終わる次に長剣を行ったが最初に道場の先生と行った際にはうまく打つことができなかったのに対しての会長やO先生と行った際にはうまく打つことができた。
やがて時間が来たため整備体操として突き蹴りを行ってから終わりになると自宅に帰った。

木曜日の練習(大人の部の練習のみ)

   お金を下ろす関係で早めに出るがR君たちは中間試験のため休みだったので失敗した(しかもかなり待った)。待っている間、小太刀基本動作を3回、行ってから再び、待つ事にした。
時間が来てTさんやHさん親子が来ると早速、小太刀の練習が始まった。とはいえ動きはそこそこ良かったがかなり打たれた。しかもTさんと行った際に小手を打たれたりかばい手をしたがかなり痛かった。小太刀の練習が始まって少ししてからUさんはが来るあたりでもう一度、Tさんと行ったがもっと打たれた。
  小太刀が終わって長剣を行ったがここでも動きは良かったがかなり打たれた。
その次に二刀か盾長剣のいずれかを選ぶ際に最初に盾長剣を選ぶがうまく打つことができなかった。途中で二刀に変えたがこちらも同じくうまく打つことができなかった。
最後に得物自由、という事で長巻にしたが前日に浅くなっているジョイント部の溝を直したものの、打った際に少しだけズレてしまいうまく打つことができなかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

火曜日の練習(合戦の一覧表を持って行く&U君が来た)

  大泉太田大会の種目の中で合戦を行うのを受けて、兼ねてから作成した合戦での得物の一覧表(以降、『一覧表』と表記)を大泉太田大会用に急いでまとめる(通常の合戦とは異なり大泉太田大会での合戦になるため詳細は伏せる)と練習に向かった。なお一覧表は文字が小さいため失敗した(こちらの詳細は補足で述べる)。

補足
  失敗した原因として一覧表を直接、印刷できないためメールとして送ってから文字を拡大したのをプリントアウトしようとしたがうまくいかないためそのままプリントアウトしてから得物の一覧の部分のみ切り取り、それからコピーで拡大するのもうまくいかなかったためやむなく文字が小さいままコピーをした。

  練習が始まるのに先立ち、一覧表を道場の先生に見せるが私が「試合場と審判の先生に見せてはどうか?」と述べたのに対して道場の先生は「試合場だけで十分」ということだったので少ない枚数で済んだのは良かったが審判の先生方たちにも見せるのができないのは痛かった…。なお会場係を務める保護者にはそこそこ歓迎された。
  練習では小太刀基本動作に参加できなかったり盾長剣では見ているだけだったのは痛かった。もっとも練習試合では審判を行ったがここでも判定に悩むのが多いためうまく判定できなかった。

  練習が終わった後で道場の先生とは長巻を行ったがうまく打つ事ができなかった。もっとも道場の先生も腰痛で長巻を使うのは大変だった。その次の小太刀では私自身、そこそこ打つ事ができた。
  小太刀が終わって少ししてU君がやって来ると生徒たちと道場の先生と私で係り稽古を行ったがU君は久しぶりに行ったためうまく打つ事ができなかった。とはいえ、何人かの生徒にはうまく打つ事ができたが。なお私と行った際にU君はどう守れば良いの迷っていたのすぐに打った。
やがて時間が来たため自宅に帰った。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる