FC2ブログ

木曜日の練習(変わった練習を行う)

 仕事が定時に終わった(トラブルから残業になるのを覚悟していたが幸いにも定時に終わったので助かった)ので一度、自宅に戻ってから練習に向かった。
  練習場所に到着すると何かを床に立てていてそれを打っていた(詳細は真似をされると困るため伏せるがかなり面白い練習だった)。S君がそれらを打っていたが見た際にやり方が分かったので加わった。なお私が行った際にはかなり速く打っていたためS君だけでなく道場の先生も驚いていたが。途中でR君も来たがR君もうまく打つ事ができなかった。しかし途中でやり方を変えると二人だけでなく私もうまく打つ事ができなかった。
  やがて時間が来たためその練習を終わりにすると大人の部の練習が始まった。最初に小太刀から始まったがそこではなぜかあまり上段や下段の構えをしなかった。
小太刀が終わると次に長剣を行ったがそこでは上段や下段の構えを行った。
長剣が終わると次に二刀か盾長剣をいずれかを選ぶ、のを行った際に最初に盾長剣を選んだ後で二刀に変えたがそこでも上段や下段の構えを行った。
最後に得物自由、という事で長巻を選んだがうまく打つ事ができなかった。
やがて時間が来たが自宅に帰った。

火曜日の練習(月一の大泉大会(小太刀))

仕事が定時に終わったので一度、自宅に戻ってから練習に向かった。
練習場所に到着するも誰もいないものの後から生徒たちと道場の先生とご子息が到着したので最初に道場の先生と生徒で練習を行うと大会が始まったが最初に二部の試合は人数が3人しかいないためかなり寂しい試合となった。それに対して一部では4人しいなかったものの熱戦だった。とはいえ入れ替え戦では最初の選手は防衛に成功したがその次は防衛に失敗して入れ替わった。
最初の試合が終わったものの時間が余っていたため次にトーナメント戦を行った。こちらは最初から熱戦だったものの意外にも入れ替え戦で防衛した選手が優勝した。
トーナメント戦を行った後もまだ時間が余っていたため逆トーナメント戦を行った(詳細は補足で述べる)。こちらも熱戦だったが盛り上がりは少し欠けた。

補足
  逆トーナメント戦は勝った選手が抜けて負けた選手は次に進出するがここで優勝すると一番、弱い、というものだが…。

  大会が終わって道場の先生と練習を行った。最初に小太刀から行ったがなぜかそこそこ動けていた。その次に長巻を行ったがこちらもそこそこ動けていた。しかし長槍では道場の先生は要領を得ていたためうまくできなかった。
最後に道場の先生のご子息と練習を行ったが意外にもご子息が強いため手を抜く所かかなり真剣になっていた。
  やがて時間が来たため自宅に帰った。

木曜日の練習(大人の部のみ)

  仕事が定時に終わったので一度、自宅に戻ってから練習に向かった。ただし今週と来週はR君やr君やY君が試験のため来ないので大人の部の練習に出るべく向かった。
  練習場所では道場の先生がiフォンで調べ事を行っていたが大人の部が始まるまで少しだけ早いため基本動作を一通り行った。とはいえ小太刀と長剣(実際には長剣両手)では木刀で行うとともに短刀や長槍や長巻は普通に行った。しかし行った後で盾小太刀や盾短刀などを行っていないのに気がついたためそれらも行った。
  基本動作が終わる頃になってHさん親子が来たため早速、大人の部の練習が始まった。最初に小太刀から行ったが今回は下段の構えを行ったが途中でUさんが来たためもう一度行ったがその際には上段の構えも行った。
その次に長剣を行ったがここでは下段の構えだけでなく上段の構えを行った。
長剣の次に二刀か盾長剣のいずれかを選ぶ際に盾長剣を使う事にしたがうまくできなかった。ここでも下段の構えだけでなく上段の構えも行ったが。
その次にMさんが途中から来たのを受けてもう一度、小太刀を行ったがそこではなぜか普通に行った。
最後に得物自由を行う際に最初は長巻を行ったがうまくできた。しかし長槍を行った際には逆にうまくできなかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

火曜日の練習(初めての座学)

   仕事が定時に終わった(翌日の仕事が忙しいため残業を覚悟したものの定時で終わったので安心した)ので自宅に帰った際にお風呂を沸かしてから練習に向かった。
練習では準備体操の後で道場の先生が間合いについてホワイトボードで書きながら述べていた(述べていた事は基本的な事だが詳細を書く事で「書いた事を実践してうまくいかなかった」等の苦情を避けるため伏せる)。ただ道場の先生が教えていた際に聞いていない生徒がいたり途中で来た生徒がいたのは痛かったが。
  間合いについて教わった後で実際に行うべく周り稽古で行った(こちらも具体的に行った練習については「うまくいかなかった」などの苦情等を考慮して伏せる)が見ていて気がついた事を述べる(これも基本的な事だが詳細については伏せる)が道場の先生は「今回、教えたのとは違う」とおっしゃっていたので「言わなければ良かった」と後悔した。
  その後は周り稽古を行った後で練習試合を行ったが道場の先生が教えた事をうまくできていなかったのは残念だった。
  道場の先生との練習を行ったが最初に小太刀から行ったが体が暖まっていないためうまく打つ事ができなかった。
  小太刀の次に道場の先生から『長物をしましょう』という事で長巻を行ったがこちらはそこそこ打つ事ができた。
  その次に長槍を行ったが繰り剣は必要ない限り行わないようにしたが繰り剣をする際に一度だけテープで巻いた所から手が出てしまった。もっとも足払いはしなかったのは失敗だった。
  最後に道場の先生から『何かしたいものはありますか?」という事で長剣両手を行ったが今思うと『盾短刀にすべきだった』と後悔している。なおこちらはそこそこ打つ事ができた。
  長剣両手が終わった後で道場の先生のご子息と練習を行ったが最初は普通に行ったが柄を長く持っているため私が有利になっているのに気がついて途中から鍔元で持って行った。
やがて時間が来たため自宅に帰ったが今思うと道場の先生とご子息との練習を見ていたかった。

金曜日の練習(審判を多めに行う)

今回も仕事が定時に終わったため一度、自宅に戻って休憩をしてから練習に向かった。
しかし練習場所に到着した際に駐車場が混んでいたためなかなか駐車する事ができず運良く空いている場所があったためそこに停めた。
  練習場所ではO道場の先生と生徒が来ていてS道場の生徒と小太刀や長剣の練習試合を行っていた。そのため『もっと早く来れば良かった』と後悔した。すぐに着替えると「このまま見ているよりも審判に加わった方が良い』と考えて副審として行った。しかし気がつくとかなり長い事、審判を行っていた上にO道場の先生が練習試合に加わったためO先生とで審判を行う事になった。
やがて時間が来たため、一度、練習を終わりにするが時間が来ておりO道場の先生と練習を行うかどうか迷ったものの軽く行うことにした。しかし審判をしていた関係で体が暖まっていないためうまく打つ事ができなかった。
やがて本当に時間が来たため自宅に帰った。

木曜日の練習

  仕事が定時に終わったため練習に向かった。
練習ではY君と道場の先生で練習(というべきなのか?)を行っていたがやがてr君(R君は期末テストがあるため休み)が来たので練習試合を行った。最初に小太刀二刀で行ったが見た際に「右手にある小太刀だけでなく左手にある小太刀で攻撃できる」と分かって行ったがY君にはうまくできたがr君にはできなかった。
その次に長剣と小太刀二刀を行ったが私は長剣から始めたがその際に長剣両手で行ったがその際に小太刀二刀の弱点(なお弱点に関しては伏せる)が分かったのでうまくできたが次に小太刀二刀を行った際にも長剣の弱点(こちらも弱点に関しては伏せる)が分かったものうまくできなかった。
やがて時間が来て大人の部の練習になったが最初に小太刀から始めたもののMさんが後から来たためもう一度、行う事になった。なお1回目も2回目も上段や下段の構えを取ったがあまりうまく行う事ができなかった。
小太刀が終わると次に長剣を行ったがそこでUさんが来たものの始めたばかりなのでもう一度、行わずに済んだ
長剣が終わると次に盾長剣か二刀のいずれかを選ぶのだが今回は二刀だけにした。
最後に得物自由、という事で最初に長巻を選んだが片方は瞬間接着剤で割れている所に塗ったのを使ったが打った際に割れがひどくなりやむなくもう片方を使った。その次に長槍に替えたが今回はテープを巻いた所から出ないようにしたのがうまくできた。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

古河市大会  レポート

  今回も十分は素振りなどを行わない中で参加した。もっとも当初は仕事があるのが会社の方で手を回したため休みになったのは助かったが。

   小太刀基本動作ではY先生やS先生などの強い選手が1回戦で敗退したのを見て「勝てる!」と思ったが対戦したものの1回戦で敗退した。なお今回も古河大会の伝統である『負けた選手は体育座りをしての見学(私としては『敗者は体育座りをしての晒し者』と言いたいが)』をする事になったが…。

  小太刀基本動作の次に部内種目が行われたがその際に小太刀を選んだ(実際には違うが。なお理由は補足⒈で述べる)が1回戦こそシードだった2回戦の対戦相手は強かったため2回戦で敗退した上に二刀も同じく1回戦はシードだったものの2回戦で敗退した。

補足
  部内種目は小太刀、長剣フリー、二刀のうち二つを選ぶ。なお当初は長剣フリーと二刀を選んだがO道場の先生が『エントリーが始まる』というのを受けて小太刀のエントリーをしてしまった。

    部内種目が終わって部外種目が始まるが最初に40歳以上の部が行われたがなぜか長巻だったので驚いた。ただ幸いにも準優勝となったが。しかし長巻が終わった後の盾小太刀や盾長剣(こちらに関しては補足⒉で述べる)のうち盾小太刀ではシードがなく1回戦で敗退、盾長剣ではシードこそあったものの2回戦で敗退した。

補足⒉
  部外種目のうち上記の40歳以上の部以外では盾小太刀か短刀、盾長剣か長槍のいずれかを選ぶ。

  閉会式前に賞状の授与があったがその際に『40歳以上の部』の賞状を受け取ったが受け取った際に「他の種目は予選で敗退した中で運良く取った」というのを強く感じるとともに「これで『40歳以上の部』も予選敗退したら泣くに泣けない」というのを感じた。
やがて閉会式が始まるとそれを見つつ自宅に帰る準備をしたが閉会式が終わる頃に準備が終わると荷物を持ちながら各道場の先生に挨拶をしつつ自宅に帰った。

土曜日の練習にお邪魔する(雪対策で自由練習)

  大会が近い上に火曜日と木曜日の練習に参加できなかったため練習に向かった。もっともいつもはO市の武道館の1階で行うのだが今回は2階で行ったため道場の先生とご子息がいるのに気がつかなかった。なお雪は降り始めていたがすぐに止んでしまった。
  練習場所に到着してすぐに準備体操を行うと道場の先生から「小太刀基本動作と打突の練習試合に分けて行う」という事で道場の先生は小太刀基本動作、私は打突の練習試合の審判を行った。打突の審判、という事で最初に小太刀から行ったが気がつくとかなり長い時間、行っていて疲れてしまったため一旦、休憩を取った。しかし私の代わりに道場の先生のご子息が審判を行った際にふざけているのが目に付いたため審判を再開した。その際に長剣を行ったが休憩する時間が少ないためすぐに疲れが出てしまいもう一度だけ休憩を取ったが少しだけ取ると次に盾小太刀を行うが時間が来たためそこで一旦、終わりになった。
  終わった後で残っている生徒は道場の先生の指導で小太刀基本動作を行い、その後で長巻を行ったがそこそこ打つ事ができた。長巻の次に長槍を行ったがこちらもそこそこできた。もっとも繰り剣をあまりしなかったためだが。長槍の次に棒を行ったがこちらは少しだけうまくできなかった。
棒が終わって道場の先生のリクエストで棒における長巻対策や長槍対策を行った(なお行った内容は道場の先生だけでなく棒を使う方のため伏せる)。
その後は翌日の大会に出る選手の練習を行った(私は見ていたが。なお練習についても内容は伏せる)。
やがて時間が来たため自宅に帰ったが帰る間際に雪が降り始めていた。
(2019年2月10日 午後11時28分 追記)
雪は降ったものの積もらなかった。積もらなかったのは良かったが『雪が積もる』という事もあって警戒したものの失敗したが。

金曜日の練習

   仕事が定時で終わったため自宅に戻って休憩をしつつお風呂を沸かしてから練習に向かった。
練習ではO先生がいたため『今回は練習がある』と分かって安心した。その後、道場の先生と会長が来てからいつものように準備体操を行い、突き蹴りの形を行ったが途中で足の位置が間違ってしまいうまくできなかった。突き蹴りの形が終わると投げの形を行ったがこちらは道場の先生や会長やO先生が行っている技を真似ようとして失敗していた。
投げの形が終わってスポチャンの練習を行ったが体が暖まっていないのと仕事で太ももに打撲を受けたため動きが悪く、最初に道場の先生と行った際にはうまく打つ事ができなかった。その次に会長と行った際にも動きが悪かったためこちらもうまく打つ事ができなかった。最後にO先生と行ったがここでもうまく打つ事ができなかった。
小太刀が終わると次に長剣の練習を行ったがこの頃になって少しだけ体が暖まって来たのでそこそこ動く事ができた。もっとも仕事の際に起こした太ももの打撲でいつものように動く事ができなかったが。
やがて時間が来たので整備体操として突き蹴りを行ってから自宅に帰った。

木曜日の練習(変わった練習を行う)

 仕事が定時に終わった(トラブルから残業になるのを覚悟していたが幸いにも定時に終わったので助かった)ので一度、自宅に戻ってから練習に向かった。
  練習場所に到着すると何かを床に立てていてそれを打っていた(詳細は真似をされると困るため伏せるがかなり面白い練習だった)。S君がそれらを打っていたが見た際にやり方が分かったので加わった。なお私が行った際にはかなり速く打っていたためS君だけでなく道場の先生も驚いていたが。途中でR君も来たがR君もうまく打つ事ができなかった。しかし途中でやり方を変えると二人だけでなく私もうまく打つ事ができなかった。
  やがて時間が来たためその練習を終わりにすると大人の部の練習が始まった。最初に小太刀から始まったがそこではなぜかあまり上段や下段の構えをしなかった。
小太刀が終わると次に長剣を行ったがそこでは上段や下段の構えを行った。
長剣が終わると次に二刀か盾長剣をいずれかを選ぶ、のを行った際に最初に盾長剣を選んだ後で二刀に変えたがそこでも上段や下段の構えを行った。
最後に得物自由、という事で長巻を選んだがうまく打つ事ができなかった。
やがて時間が来たが自宅に帰った。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる