FC2ブログ

金曜日の練習(練習は短か目&見学する方が来た)

  仕事が定時で終わったため自宅で休憩をしてから練習に向かった。
練習場所ではR君たちとO先生が練習を終えていてR君たちは迎えが来るのを待っていた。そんな中、会長が来たものの準備体操には加わらずに迎えが来たので帰った。なお道場の先生はAさんたちが来ていてその応対をする関係で来る事ができなかったが「見学をしたい方がいる」とおっしゃっていたので来るのを待っていた。
準備体操と突き蹴り、受身、さらには投げの形を行っているうちに見学をしたい方がやって来たので改めて投げの形を行った。ただ私が行った際に一つだけしかできないためかなり恥ずかしかったが。
投げの形が終わるとスポチャンの練習を行ったが会長との練習ではそこそこ打つ事ができた。その次に見学している方と行ったが構えがしっかりしていてやりづらいなと感じたが打って来たものの全く当たっていないため慣れていないのはすぐ分かった。ただ普通に行うとかわいそうなので手加減をして少しでもやりやすいようにしたため2回、当たった。
小太刀の次に長剣を行ったが会長とはいつものように行ったのに対して見学している方は慣れていないのは見て分かった。ただ誤っていつもの構え(書くと真似をするを防ぐため伏せる)をしたが途中になって片手で構えた。とはいえここでも手加減をしてやりやすいようにしたがうまくいかず1回だけ当たったのに留まった。
やがて時間が来た(ただしかなり早く終わった)ため整備体操として突き蹴りを行うのだが見学している方はうまくできないため最初に突き、次に蹴りを行うと終わった。

木曜日の練習

なかなか練習に行く事ができない中、今回は練習に行く事ができた。ただ練習場所に到着するとJ君が辞めるという話を聞いて驚いた。
  最初に流水受打を行うがかなり疲れた(流水受打に関しては補足で述べる)。

補足
流水受打は文字通り、流れるように打つ練習。そのため基本的には受け止めではなく受け流すため動きが激しくかなりキツイ。

  その次に練習試合を行ったが短刀が壊れていないかを調べるため空気を入れるとそれを使う事にしたが最初が小太刀のため使う事がなかった。なおY君が「素手で行う」と述べた際に「素手と小太刀で行う際には防具が必要になる」と返すとともに3年前の審判講習会で会長たちとA先生で行った事を述べた(詳細は2016年4月24日の『北関東審判講習会』を参照)。

小太刀が終わるとY君のリクエストで盾小太刀を行ったがそこで盾の代わりに短刀を使ったがうまく使う事ができなかった。
盾小太刀の次に長剣を行ったのだがなぜかJ君には長剣両手で行った。その後で盾長剣を行った際には長剣で行った。

  子供の部の練習が終わると次に大人の部の練習が始まった。いつものように小太刀から始まったがうまく打つ事ができなかった。その次に盾小太刀を行ったがこちらもうまく打つ事ができなかった。ただ盾の数が足りないためMさんは小太刀二刀で行ったのは痛かったが。
最後に得物自由を行ったが私はいつものように長巻を使ったがここでもうまく打つ事ができなかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

土曜日の練習にお邪魔する

  木曜日は仕事が遅く終わったため練習に行けず、金曜日は休日のため練習が休みのため土曜日の練習にお邪魔した。ただ道場の先生が風邪を引いているため号令は私が行う事になったが。

  準備体操を行ってから最初に小太刀基本動作を行ったが道場の先生が教えたため私は見本として行うだけだった。
次に盾小太刀の練習を行ったがそこでは盾を使う練習(基本的な動作だが内容は伏せる)を行った。しかしT君はうまくできずに先に打ってしまうため教えるのが大変だったが最後は何とかできるようになった。しかしその次に後で回り稽古を行う際に時計を見ずに自分の感覚での時間の計測をしたため道場の先生から「もう少し、短くするように」と言われたのは痛かった…。
次に盾長剣の練習を行った(こちらも盾を使う練習だが内容は伏せる)がここでもT君がうまくできなかったものの何とかできるようになった。なお回り稽古では時計を見ながら行ったためうまくできた。
  練習が終わると練習試合を行ったが最初に小太刀と長剣を行った(小太刀とは道場の先生が審判を行い、長剣は私が審判を行った)もののなぜか私の所では人数が少なかった。同様に盾小太刀と盾長剣の練習試合でも同じく人数が少なかった。
やがて練習が終わるのだが道場の先生が風邪を引いていて練習ができなかったもののご子息との練習はできた。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

火曜日の練習(1週間ぶりの練習)

  膝が曲がらなくなってから何とか動かしているうちに90度以上、曲げる事ができるようになったためどれくらい動けるかを見るため久しぶりに練習に向かった。なお仕事は30分ほど残業を行った上で直接、練習場所に向かった。
  練習が始まる前に準備体操を行うが自分で行ったのは失敗だった。準備体操が終わると最初に小太刀基本動作の練習を行ったが私は初心者(むしろ小太刀基本動作はほとんど分からない)と行った。初心者なので最初に『構え刀』と『収め刀』を覚えるべく行ったがS君はそこそこできていたのに対してT君はほとんどできないため『構え刀』を覚えさせるようにした。その次に足の動きを行ったがここでもS君はうまくできていたがT君はうまくできないためここでも覚えさせるようにした。その次に『打ちながらの移動』を行った際にT君だけでなくS君もうまくできないため打つ練習を行った。なお最初に『面を打て』で面を打つ位置を覚えさせるようにすると次に『小手を打て』でも小手を打つ位置を覚えさせるようにした。ただ『右から胴を打て』で胴を打つ位置を覚えさせるようにしたが途中で終わってしまったのは痛かった…。

  次に盾長剣の練習を行ったがここでは練習試合を行った。なお私は初心者の審判を行ったが3回、負けると抜ける(いつもとの違いは補足で述べる)のだが3回、負けるのがなく延々と交代を繰り返していて3回、負けるのがほとんどなかった。
なお途中で私道場の先生とで行ったがそこそこ動けていた。しかし誰も見ていなかったのは本当に残念だった…。

補足
  いつもなら『3回、勝つと『卒業』』ということでそこで抜けるのだが今回は『3回、負けると『卒業』』となる。ただし1回でも勝つと負けた生徒と交代する。

  子供の部の練習が終わると次に道場の先生との練習になったがこちらもそこそこ動けていたのでうまく打つ事ができた。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

今週は練習を休みます

  玉村大会の後で膝が曲がらないのを防ぐため無理に曲げた際に太ももの筋肉の損傷がひどくなったため練習に出る事ができなくなりました。そのため今週の練習を休むため書けません。なお先週に関しては火曜日は道場の先生との練習ができずに子供の部を教えるだけしかできず、木曜日は途中で帰ったためできず、金曜日はやむなく休んだため書けませんでした。

玉村大会 レポート

  大田原市大会で予選敗退ながらも悪くない位置での予選敗退だったのを受けて今回の玉村大会ではどうなるかを気にしながら臨んだ。しかし大会の3日前に太ももの外側に重い打撲をしてしまったのは痛かった(当日も含めて湿布を貼った)。ただ大田原市大会では右の太ももなのに対して今回は左の太ももなので何とか動けるようにした(詳細は補足で述べる)。

補足
  本来ならどうしたのかを伏せたいがあえて述べると打撲をした左の太もも(以降、『大腿(だいたい)』の外側(専門用語では『がいそく(以降、読み方は『がいそく』とする)と大腿の中心から外側寄りにキネシオテープを貼ったが外側と中央の下端は下は膝の外側(専門用語で述べるなら膝関節(しつかんせつ)の外側)に来るようにして固定するが注意すべき事として膝の皿の骨(専門用語では膝蓋骨(しつがいこつ))にテープの端がかからないように固定。下端を固定するイメージとしては膝関節の下端にある脛骨(こちらも専門用語では『けいこつ』)の上端でその外側にかかるように固定する。ただ今回は下端の固定にキネシオテープを使ったが下端の固定はキネシオテープではなくホワイトテープ(テーピング用のテープはこれ)で固定するのが理想。
上端はどこにも寄らずにそのまま固定。なおこれもキネシオテープではなくホワイトテープで固定するのが理想。
本当になら患部に対して一本のキネシオテープで中央を切ってのスプリットで貼る(その際に患部を挟んで貼る)のが理想だが今回はそれでは十分とは言えないためテープを二本、使ったがキネシオテープの機能を生かすだけでなく湿布の固定も兼ねている。
最後に同じ事として失敗したり『うまくいかなかった』などの苦情等はお断りとするとともに苦情等を書き込んだ際には削除するとともにアクセスを禁止するのでご了承下さい。

  今回は朝早くに起きたものの会場に到着した際に仮眠を取った(いつもなら仮眠を十分に取る事ができないのが多い)ためそういった点では万全だった。ただ会場が開いた際にのぼり旗を立てて置いたり試合場の設営をしなかったのは痛かった。そればかりか敷物を多く持って来たのにも関わらず所属するO道場の選手や親御さんたちの控えの場所にすべく敷物を敷いた以外はあまり使う事がなかったのは失敗だった。なおストーブを持って来たのは役に立ったが。

  最初に小太刀基本動作を行ったがそこでは小学生以下と一般の上位二人グラチャン戦を行う(説明は補足で述べる)ため何とか勝とうとした。予選こそうまくできたが一般の部の準決勝でD君と当たってしまいグラチャン戦には進出できずに敗退した。

補足
  今回の小太刀基本動作は小学生の上位二人と一般の上位二人の四人でくじ引き(タスキを2本使い、それぞれの端を握って準決勝の対戦相手を決める)を行うため準々決勝を勝たないとグラチャン戦には進出できない。

  小太刀基本動作で予選敗退(準決勝敗退だがグラチャン戦に進出できなかった(しかも表彰されず)のであえてこの表記)したためかなり不安になった。そればかりか大腿の打撲を考慮して『後の先(ごのせん、もしくはあとのさき(詳細は補足で述べる))』で行こうと考えていたものの動きが悪いため遅れて出るので一層、不安になった。
その次に小太刀が行われるもくじ引きで私の山にD君が来たため不安だったがもう一度、くじ引きを行った際にはD君とは離れた上に1回戦で敗退したためかなり安心したが大腿の打撲で思っていた以上には動けないものの対戦相手の実力から気がつくと『先の先(せんのせん、もしくはさきのさき(こちらも詳細で述べる)』で打っていたのが多かった。ただ決勝ではK君と当たったため動きが悪くこちらから打つ前に打たれていた。

補足

『後の先』は相手が打って来たのを受けて打つ戦法、それに対して『先の先』は相手よりも先に打つ戦法(『先の先』はある意味『先手必勝』といえる)。
スポチャンでは『先の先』よりも『後の先』の方が良く取られる。


  小太刀で準優勝したのを受けて『なんとか行ける』と感じて長剣の種目に臨んだが1回戦こそ勝ったものの準々決勝ではK君と当たってしまい、しかも始まって20秒ほどで打たれてしまった。

  お昼休みが終わって次に盾小太刀の種目が始まるが1回戦でK君と当たってしまい何とか勝とうとして打たれてしまった。

  盾小太刀が終わると次に盾長剣の種目が始まるが1回戦ではY君と当たったが何とか勝った。準決勝でも勝ったが決勝でK君と当たったため勝つ事ができず準優勝となった。

  盾長剣が終わると最後に得物自由(長さは160センチ以上(使用可能な得物は補足で説明する))が行われたがM道場の大人の部の練習で最後に行う得物自由と同じく長巻を使う事にしたが1回戦では振り回す際にジョイント部から剣先がズレてしまうためあまり振り回さないようにしつつ突いた。その次の準々決勝では対戦相手の動きからここでも突いた。ただ決勝ではK君と当たったためここでも勝てずに準優勝で終わった。

補足
  使用可能な得物(カッコは長さ)は盾長剣(160センチ)、二刀(ただし長剣と小太刀(160センチ))、長槍(190センチ)、長巻(190センチ)、棒(200センチ)

  得物自由が終わった後で打突のグラチャン戦があったがそれには参加できず審判を行っただけで終わった。なお一般の部の団体戦は行われなかった。

  グラチャン戦が終わって閉会式になるがそこで時間(厳密に言うなら会場を借りた時間)が来てしまい表彰式は会議室で行われた。ただ移動の際に荷物を会場の近くにある廊下に出さないといけないのは痛かった。なお賞状を受け取った際に『大腿の打撲をしたとはいえ何とか入賞できた』というのを感じたがそれとともに『打撲がなければもっと違ったかもしれない』とも感じたが。
閉会式が終わって廊下にある荷物を何とか持って車に積むと自宅に帰った。

剣道の全日本選手権大会を見て(2018年度)

 去年に続いて今年も剣道の全日本選手権大会を見る事が出来たがうっかりミスをしてしまい午後2時半あたりからBS1で見始めた。そこではH選手とN選手との対戦を見ていたがH選手が上段の構えを取っていたがなかなか決まらずに敗退したのを見て「剣道の上段はスポチャンよりも難しい」のを強く感じた。ただ、その後で買い忘れていたものを買いに出かけたため残りの対戦を見ることができなかったのは痛かった。出かけてから戻った際には準々決勝まで進んでいて準々決勝が始まる前の休憩が始まっていた。そのため休憩が終わるのを待っていたが気が付くと始まっていたため危うく見逃す所だった。なお準決勝のうち第一試合だけはBSで放送して、第一試合が終わってからは地上波での放送のため最後まで見る事が出来た。
 今回もU選手とN選手が決勝に当たった際に去年と同じ対戦相手になるとは」とは思わなかっただけに驚いた。なお準決勝でU選手が 選手と当たって先に一本取られた後に追いついた直後に取り返したのを見て「実力は確かなものだな」というのを強く感じたが決勝ではN選手が一本目に打って二本目でもすぐにを打ったのだが一本目、二本目ともにすぐ決まってしまい、本当に『あっという間に』終わったのを見て驚くしかなかった。

 久しぶりに見たが今回は見ていて『剣道での判定で一本になっていない(ただしスポチャンの判定では一本になっている)』のが多かったのを見て「動体視力が落ちている」のを強く感じた。そればかりか何本かは相打になっているのにどちらか片方の旗が上がっているのを見て『剣道での判定での一本が入っている』だけでなく先に当てているのが見えていないのを強く感じた。
なお今回、参考にした事としてはツキ(剣道で『突き』はこの表記のためこちらで表記)を数回、見たなかなか決まらなかった。片手ツキだけでなく両手ツキをしたのを見たものの決まらないため『スポチャンだけでなく剣道でも突きは難しい』のを感じた。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる