FC2ブログ

金曜日の練習

  残業を1時間、行うと自宅に戻って休憩をした後で練習に向かった。
会長とO先生と道場の先生がいる中で最初に準備体操を行ったがいつも行っているのに加えて追加の準備体操を行った際に動けなくなる上に筋肉痛を避けるべく一旦、止めてから再開したのは痛かった…。
準備体操が終わると突き蹴りの形を行うがうまくできなかった。その次に投げの形を行うがこちらもうまくできなかった。
最後にスポチャンを行ったが逆にうまくできた。
やがて時間が来たため整備体操として突き蹴りを行って終わると自宅に帰った。

木曜日の練習(久しぶりの練習&Mさんが来る)

  先々週、先週と練習に行く事ができない中(先々週は太ももの打撲が治りかけている中でもう一度、打撲をしたため治るのが遅かったのに対して先週は仕事が遅く終わった上にお風呂を沸かす関係で練習に行くのを断念)、残業を30分ほど行うがあらかじめ車に道具を積んでおいたので直接、練習に向かった。
  練習ではJ君とY君が長剣の練習を行っていたがあまり真面目には行っていなかったがそれを見ながら着替えた。着替え終わると練習に加わるがあまりうまくは出来なかった。途中、r君とR君が来た中で練習試合を行った。最初に短刀を行ったがJ君以外はうまく打つ事ができなかったのは痛かった…。
その次に短槍を行った際にJ君は持ち方がうまくできなかったのに対してR君やr君やY君は構え方だけでなく最初から繰り剣をしていたのを見たが目に余るため注意をした。(注意した理由は補足で述べる)なお私と行った際にJ君はキチンと行ったのを述べておく。

補足
  そもそも繰り剣は間合いが遠過ぎて届かないのでやむなく行うのが正しいやり方であって最初から繰り剣をするのは間違い(場合によっては『隠し球』や『とっておきの一撃』として行うのが理想)。なお注意した際に2016年に横須賀市で行われた安全講習会の中でいきなり繰り剣を行った際に注意された(間合いが遠いので(安易に)繰り剣をするのはNG(2016年7月17日『安全講習会  レポート』もしくは2017年7月23日『安全講習会 補足』(『安全講習会 補足』が分かりやすいです))のを述べた。


  やがて時間が来たため子供の部の練習が終わると大人の部の練習が始まったがその前にMさんが来ていたので驚いた。なおHさん親子のうちSさんは休んだが。
最初は小太刀から行ったがMさんとは久しぶりに行ったもののうまく打つ事が出来なかった。
その次に長剣を行ったがこちらもMさんにはうまくできなかった。
最後に二刀か盾長剣のどちらかを選ぶのを行ったが私は盾長剣を選んだもののここでもMさんにはうまくできなかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

金曜日の練習(O道場の先生が来た)

仕事が定時で終わったため一度、自宅に戻って休憩をした後で練習に向かった。
練習場所にはO先生に加えてO道場の先生とご子息がいたのを見て「もっと早く来れば良かった」と後悔した。
やがて会長とS道場の先生が来たため準備体操を行うと最初に突き蹴りの形を行った。私は慣れていたため多少の戸惑いがあったもののなんとかできたのに対してO道場の先生は慣れていないためうまく出来なかった。ただ私とO道場の先生と組んだ際に避けが習っているのとは違っていたためやりづらかったが。
  突き蹴りの形が終わって投げの形を行ったがO道場の先生は投げられた際に受け身(この場合の受身については補足で簡単に説明する)が出来ないため危ない場面があった。それに対して私の方は投げに対しての受け身を知っているためうまく受け身をしていた。

補足
  この場合の『受身』は柔道のとは違い、掛けた技に応じて倒れるため柔道の受身とは大きく異なる。なお無理に技から逃れると捻挫や骨折や脱臼などの負傷するため上記の通り、素直に倒れるのが無難。

  投げの形が終わってスポチャンを行ったが最初にO道場の先生と行ったが動きなどが見えていたためそこそこ打つ事ができた。その次に会長と行った際には会長の動きが見えていたためうまく打つ事ができた。その次にS道場の先生とO道場の先生のご子息で行ったがご子息はS道場の先生が動くよりも早く動いていてうまく打つ事が出来た。
やがて時間が来たため整備体操としての突き蹴りを行ってから自宅に帰った。

火曜日の練習(短槍の続き)

  仕事が定時で終わると一度、自宅に戻ってから練習に向かった。
練習では先週、行った短槍の続きで今回は突きを避ける練習を行った。しかしなぜか右の避けと上からの避けしか行わなかったのは疑問に感じるが(避け方に関しては補足で述べる)。

補足
 
  槍の避ける練習は四方囲と同じような避け方で上避け、左避け、右避け、下避けを行う。
上からの突きは剣先と槍を上に上げて払う上避け、中段の突きに対しては左に払っての左避け、あるいは右に払っての右避け、下から突き上げる突きは剣先を下に向けて払う下避け、となっている。

  その次に元立ちを立てての練習を行ったがそこでは当初は見ていたが道場の先生の指示で練習に加わった。

  子供の部の練習が終わると道場の先生との練習を行ったが最初に短槍を行った。しかし子供の部のようにはいかなかった。短槍が終わると道場の先生は「先ほどの短槍の応用で」という事で長槍を行った。短槍と違って長く感じたためやりやすかった。ただ突きはうまく出来なかったが。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

火曜日の練習(短槍の練習)


  仕事が定時で終わると自宅に戻って道具を取りに戻ってから練習に向かったが練習場所に到着すると既に開いていて道場の先生とご子息が練習を行っていた。

  やがて生徒が集まると準備体操を行い、そこから練習が始まったが道場の先生の話として「長物を行う」という事で短槍の練習を行った。練習では突く動作と一歩前に出る動作を行うと回り稽古でそれらを行い、次に短槍の剣先を上に向けて突くのを行ったが練習試合は行わなかった。
短槍の練習が終わって次に小太刀を行ったがここでは元立ちを二人、置いて行ったがその際にいつもなら私が元立ちになるのだが今回は掛かる方を行った。ただ元立ちの事を考えるあまり不意を突かれて打たれたたり、打とうとして失敗して逆に打たれりするなどうまくいかなかった。

  子供の部の練習が終わって道場の先生との練習を行ったが最初に小太刀を行ったがうまく出来なかった。その次に短槍を行ったがこちらもうまく出来なかった。
最後に長剣を行ったがこちらはそこそこうまく出来た。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

J館交流大会  レポート

  去年に続いて今年もJ館の交流大会が行われる、という話をO道場の先生から聞いて参加する事にした。
始まる時間が昼の12時ごろなのでそれに合わせて出かける予定だったが少し早目に出かけたものの、会場近くの高速道路にあるインターチェンジが渋滞していて到着が遅くなりそうになった。

会場に到着するとH先生にY先生とKさんが話をしていたので挨拶を済ませてから着替えた。着替え終わったあたりから選手が集まり始めたのでY先生は大人を対象に講習会を開いて最初に短刀の基本動作を行った(なお私以外は短刀を持っていないため小太刀で代用)が『下を防げ、突け』では『前かがみで短刀を前に出して避ける』や『突け』では体が上下に動かないようにすべく『1歩づつ分けて進まない』といった事を習った。また槍(私や一部の方以外は短槍で行ったので『槍』と表記)の基本動作でも最後の突きも同じように行う、のだがそれ以外では槍が左前に構える理由(詳細は補足で述べる)や短刀では半身に構える理由(こちらも補足で述べる)を聞いて納得した。

補足
  槍の構えが左前に構える理由としては差している刀の柄が当たるのを防ぐため、という事だった。余談として、長巻は刀が長くなった(刀身だけでなく柄も)もの、という事で右前に構える、という話をしていた。一方、短刀では半身に構える理由としては半身に構える事で当たる面積を減らす、のが理由、との事だった。
ただし短刀の基本動作では後で述べる『体の中心』を傾きは45度で良い、と付け加えた。
それ以外では小太刀を構える(後述の太刀や長剣両手と違い片手で持つ)際に体の中心(専門用語で言うなら正中線)が45度に向ける理由としては、太刀を両手で持って構える(なおそこでは長剣両手で行った)のと小刀(この場合は小太刀)での構えではお互いのリーチが同じになる、という事だった。
(2018年10月10日 午後8時23分 追記)

  やがて時間が来たため開会式を行うと最初に小太刀から始まったが最初は小学生から始まったため審判(その場で行った副審が初めて行うのと私自身、主審の資格を持っているため主審に就いた)に就いたが副審がうまく判定できないため私もうまくできなくなりやむなくY先生と交代して検査役に就く事になった。
やがて一般の部が始まったが対戦相手がY先生だっためうまくいかず1回戦で敗退した。
  その次に長剣が行われた最初に小学生から始めたもののH先生が主審に就いたため私は副審に就いたが副審の方が慣れているためやりやすかった。ここでも小学生の部が終わって一般の部が始まったが対戦相手はY先生ではなくKさんだったもののここでもうまくかずここでも1回戦で敗退した。
長剣の次に盾小太刀が始まったがこちらも副審に就いたためやりやすかった。ただ判定に悩むのが多かったが。一般の部では対戦相手がY先生だったため小太刀と同じく1回戦で敗退した。
盾小太刀の次に盾長剣が行われたがこちらも副審に就いたためやりやすかった。一般の部ではY先生やKさんとは別の山になったためかなり安心した上に1回戦では対戦相手が大会に慣れていないのは見て分かったためやりやすく楽勝だった。その次の2回戦は1回戦と当たった選手よりも強かったが何とか勝った。準決勝でも対戦相手は2回戦の選手よりも強かったがここでも何とか勝った。しかし決勝ではY先生と当たったが予選ではないため気は楽だったものにY先生に勝つ事が出来ず準優勝で終わった。
最後に小学生の選手限定で合戦を行ったがそこでは審判に就いたものの人数が多いためうまく判定出来なかった。
合戦が終わって閉会式が行われたが賞状は後で渡す、となった。
閉会式が終わると自宅に帰ったが帰る際にインターチェンジの渋滞は解消しており納得がいかなかった。

金曜日の練習(Aさんが久しぶりに来る)

  仕事が定時で終わったため自宅で休憩をしてから練習に向かった。
練習場所では道場の先生とO先生がいたため準備体操と突き蹴りを行うと突きや蹴りの対処を行ったがうまく出来なかった。その次に投げの形を行ったがこちらもうまく出来なかった。
投げの形を行った後で休憩になったがその次にスポチャンを行うとがAさんが来たためAさんを交えて行った。道場の先生と行った際にはうまく打つ事が出来たが次にO先生で行った際には相打が多かった。最後にAさんと行ったがAさんが先に打って来るためそれに応じて打つのが多かったのは痛かった。そのためAさんに「様子を見てから打つのが良い」と述べた。
やがて時間が来たため最後に整備体操として突き蹴りを行ってから自宅に帰った。

木曜日の練習

  残業を1時間ほど行ってから練習場所に向かった。
練習ではr君やY君がいない(中間テストのため休み)上にJ君と道場の先生で練習試合を行っていたがそれを見ながら着替えた。
着替え終わるとJ君と練習試合を行ったがJ君は相手の動きを見ないで打つのが多かったので注意をした。途中、R君が来たのを受けてR君が加わっての練習試合を行った。
  Uさんが来たあたりになってから大人の部の練習が始まったがHさん親子たちが来ないため少し寂しい練習になった。とはいえR君には上段の構えを取ったが。
最後に得物自由を行った際には長巻を取ったがいつも使っている剣先ではないためしょっちゅう、ジョイント部から外れてしまいやりづらかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

火曜日の練習

  残業を1時間ほど行ってから自宅に戻ってから道具を車に積んで(今思うと仕事に行く際に道具を車に積んでおけば良かった、と後悔している)から練習場所に向かった。

  練習では道場の先生が初心者の生徒に打ち方などを教えているとともにそれ以外の生徒は練習試合を行っており道場の先生に挨拶をすると練習試合の審判や加わって行う、という指示を受けて行った。最初は審判をしていたがある程度、動いた所で加わった。ただ、気がつくと人数が減っていて隣で初心者と練習試合をしていたのを見て「そんなに怖いのだろうか?」と考えてしまったが。
  練習が終わって道場の先生との練習を行ったが最初に小太刀を行ったがうまく打つ事が出来なかった。その次に短槍を行ったがこちらもうまく出来なかった。最後に長槍を行ったがこちらもうまく出来なかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる