FC2ブログ

金曜日の練習

  残業を1時間ほど行って自宅で休憩をしてから練習に向かった。ただお風呂を沸かす関係ですぐに行く事が出来なかったのは失敗だった…。
  練習場所に到着した際に準備体操がかなり進んでいたため柔軟体操のあたりから入ったのは痛かった。
準備体操が終わって最初に突き蹴りの練習を行ったが一度だけうまくいかず道場の先生に注意を受けた。その次に投げの形を行ったがこちらは初めて来た方と行った際にうまく出来なかった。
最後にスポチャンの練習を行ったが初めて来た方はうまく出来ないためやりやすいようにしたが私の方もうまく出来なかった。
やがて時間が来たため急いで自宅に帰った。

木曜日の練習(二刀の基本動作と短槍と短刀を行う)

  仕事が定時で終わったためあらかじめ道具を積んでおいたため直接、練習場所に向かったが練習場所に到着した際にJ君やR君が休みのためr君やY君が来るのを待っていた。
r君とY君が来たのを受けて道場の先生のリクエストで二刀の基本動作を行ったが私もあまりしていないためうまくはできなかった。その次にY君のリクエストで短槍を行ったが最初に突きを避ける練習を行い、次に繰り剣を行ってから練習試合を行ったがそこそこうまくできた。短槍の次に短刀の練習試合を行ったがこちらもそこそこうまくできた。もっともY君は「大人の部で短槍を行いたい」と述べていた実現できなかった。

  その次に大人の部の練習が始まったが最初に小太刀から始めたもののHさん親子やHさんやUさんが来た上に私が動かずにいたため混乱をさせてしまったのはとても痛かった。その次の長剣ではうまく動いたため混乱は生じなかった。ただ得物自由ではいつものように長巻を選んで行ったが混乱こそなかったがうまくはできなかった。
やがて時間が来たため急いで自宅に帰った。

火曜日の練習(久しぶりの大会)

  仕事が定時で終わったため一度、自宅に戻って道具を持ってから練習に向かった。
練習では月末、という事で大会が始まったがその際に後で道場の先生との練習で使う道具の準備ができなかった。

  準備体操を行うと最初に二部の試合が行われた。その中で初めての大会に参加したN君が善戦をするが気がつくと1位の選手が3人のため1位から3位の選手を確定するための試合が行われたがN君が1位で通過した。
  2部が終わって1部の試合が行われたがこちらは熱戦なのだがあまり差はないがY君がかなりの活躍を見せた。
1部の試合が終わって入れ替え戦が行われたが今回は2部の1位と1部の最下位で行われたものの2部の選手と対戦した1部の最下位の選手が道場の先生のご子息だったのでご子息が勝ったため入れ替えは起こらなかった。
試合が終わって表彰式になるといつものように表彰状の授与が行われたがその後で道場の先生が「今回の試合は全日本選手権大会では10級から8級クラスの実力だ」とおっしゃっていたのが印象的だった。

  試合が終わって道場の先生との練習が始まるがその際に私は「(道場の先生の)ご子息があの成績で良いのだろうか?」と危機感を感じていた上に道場の先生も同じような事をおっしゃっていた。
道場の先生との練習を行うが最初に小太刀を行うが初めはいかなかったが少しして道場の先生の動きなどが見えて来たためかなり良く打っていた。その次に長剣を行ったがこちらもうまく打つ事ができた。最後に二刀を行ったがこちらもうまく打つ事ができた。もっともご子息との練習も行ったこちらはあまりうまくはできなかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

長い事、放置して申し訳ございませんでした

  ケンダイです。記事を書き込もうとした際に溜め込んでしまい、気がつくと書き込めない状態になってしまいました。なお伊勢崎大会の記事は既に書いていますのでそれだけは載せます。
最後に、本当申し訳ございませんでした。m(_ _)m

伊勢崎大会 レポート

 全日本選手権大会で予選落ちしたのを受けて「県内の大会では負けない」一心で素振りや筋トレを行った。

  前日の練習で不安を感じたがそれを振り払って臨んだ。しかし今までの伊勢崎大会では社交ダンスの大会がいっしょに行われるのが多いためそれに警戒すべく早めに自宅を出た。会場に到着してから15分ほどして駐車場が混み始めて来たので会場の向かいにある本館にある『本日の催し物』の掲示板を見た際に社交ダンスの大会があるのが分かったのでO道場の先生にメールで知らせた。

  社交ダンスの大会で駐車場が混み始めてからかなり経ってN先生に出会うがその際に「のぼり旗を立てるのを手伝って欲しい」という話を受けて手伝うとO先生が来たが会場が開いたので試合場や受付などの設営の手伝い、さらには毎回、持って来ている敷物を敷くのを行った。ただ今回は他の道場で敷物を用意していて敷物を多く敷くことはなかった。
  設営が終わって少ししてから開会式が始まると審判をする関係で上席に座っていたがその中で各支部の支部長の紹介と支部長の挨拶をしていて最後に私が指名された際に私は驚いたが挨拶をした。もっとも私は支部長ではないが会長は『色々な道場に出ている』ということで指名したとの事だった。

  開会式が終わって小太刀基本動作が始まると最初に審判を行った。とはいえ一般の部とは違ってすべての学年(ただし幼年(幼稚園まで)から小学6年まで)が対象のため人数が多く判定が大変で3回ほど逆に上げていたのは痛かった。そればかりかO道場の先生のご子息が一番、上手なため対戦相手にするかご子息にするかで悩む事があったが。
それに対して一般の部ではD君を除いて勝つ自信があったが予選で当たるのは避けたいだけにくじ引きではかなり緊張した(詳細は補足⒈で述べる)が幸いにも当たらずに済んだのは良かった。そのため1回戦や準決勝では安心して行ったが決勝ではD君と当たったため『勝てないのならせめて旗を一つでも上げよう』と臨んだが結局、旗はD君の方だけ上げていたためひどくがっかりした。

補足⒈
  小太刀基本動作では人数が6人だったが今回は全般的にトランプでのくじ引きのため確率としては5分の1なのでD君と1回戦で当たる可能性があるためかなり緊張した。ただ小太刀基本動作ではくじ引きの結果、D君とは決勝で当たるため気持ちに余裕が出た。


  小太刀基本動作が終わって小太刀が始まるとここでも最初に審判を行った。幸いにもN先生が主審、O先生が副審を務めたのを受けて私も副審だったので少しだけやりやすかった。ただ小太刀基本動作と同じく判定に迷う事が何度かあったが。
やがて一般の部が始まるとここでもD君と当たるか心配だったが当たらずに済んだ(なお人数は補足⒉で述べる)。ただ小太刀基本動作と違ってD君がいるサークルの選手がいるため小太刀基本動作よりも厳しさを感じたが1回戦はM道場のR君だったので余裕はあった。決勝ではD君と当たったが動きが悪いのに気がつくと慎重に攻めてから打つ、というのを行ったが1本目はD君に打たれたのに対して2本目はこちらから打ったのが当ったため驚いた。3本目はお互い、打つのが決まらず、延長戦を2回、行ったが2回目で勝った。

補足⒉
  小太刀基本動作と違って上記のサークルの選手にM道場のR君が来た事で人数が7人、と増えたが確率としては6分の1なので緊張した事には変わりない。

  小太刀が終わって次に長剣が始まるとここでも審判を行った。こちらもN先生が主審、O先生が副審だったのでやりやすかった。
こちらでも一般の部が始まるとD君と当たるか心配だったが当たらずに済んだのは幸いだった(こちらも人数は補足⒊でのべる)。1回戦は強い選手と当たらずに済んだが準決勝ではD君がいるサークルの選手と当たってしまいそこで敗退するが3位決定戦でも同じサークルの選手と当たったがこちらは何とか勝った。

補足⒊
  長剣ではサークルの選手がさらに一人、増えて8人になったため確率が7分の1になったのでここでも緊張した。もっともトーナメント表が8人用になったためシード(あるいは逆シード)もなくなったが。

  長剣が終わってお昼休みになると弁当を食べたがかなり疲れているためか全部、食べてしまったがその後の影響は全くなかった。
お昼休みが終わると盾小太刀が始まったが一般の部が行われる際に隣の試合場では審判が足りないため待機している間は審判を行う事になったがO道場の先生が行ったのを見ていたもののすぐに駆けつける事ができなかった。
対戦では1回戦は長剣と同じくD君がいるサークルの選手と当たって勝ったが準決勝ではD君と当たったが「小太刀で勝ったのだから盾小太刀でも勝てる」と考えて臨んだがうまくいかず敗退した。3位決定戦でも勝つ事ができず敢闘賞で終わった。

  盾小太刀が終わると次に盾長剣が始まったが一般の部が始まるころになって疲れがかなり出ていて調子が悪かった。ただ幸いにも1回戦と当たった選手は余裕で勝ったものの準決勝ではまたD君と当たり敗退するが3位決定戦ではO道場の先生と当たったが何とか勝った。

その次に一般の部の団体戦が行われるが私は人数の関係で「一般の部の団体戦ではなく得物自由かそのまま閉会式になる」と考えていたものの一般の部でも団体戦が行われた。なお得物自由にすると私とO道場の先生は長物(私が長巻でO道場の先生は棒)になるため行う事ができず、かといって人数が二人づつしかいないため二人一組での団体戦が行われた。
1回戦はD君がいるサークルと当たったが対戦前にD君が先鋒ではなく大将だと分かって愕然とした。そればかりかO道場の先生が相打したためここで勝たないと意味がないため「何とか勝たないと」と思って臨むがうまくいかず負けてしまい敗退した。ただ3位決定戦では道場の先生が勝った上に対戦相手が何回か当たっている選手のため勝つ事ができた。

  全ての種目が終わって閉会式が始まったが上席に座っていたとはいえ疲れで動くのがやっとで賞状を受け取る際や記念撮影をする際にはかなり大変だった。もっとも閉会式が終わった後で荷物があるので「疲れた」とは言えないが。
閉会式が終わって帰る際に敷物を回収するのだが疲れから敷物を含めた荷物を持つのが大変なため2回に分けて持って行くと車に積み込んでから自宅に帰った。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる