FC2ブログ

土曜日の練習にお邪魔する

  ゴールデンウィーク初日(当初、その日は仕事があるものの前日やそれ以前の進行でうまくいったため休みになった)のため最初から参加しようとしたものの練習に向かった際には合戦を行っていたため「遅れて到着した」と気がついて後悔した。
  合戦が終わって練習を行うが道場の先生に「練習が終わったら車のタイヤ交換をする」という事を話した(後で着替える時間があるのを忘れていたのは痛かったが)。
最初に「基本に帰る」という事で小太刀の打ちとそれを避ける練習を行ったがその際に小太刀が顔に当たったので「(面を着けていないから)面を打つのは勘弁して」と述べた。
次にミット打ち(詳細は補足で述べる)を行ったが道場の先生のやり方を見つつ行うもうまくできなかった。少なくとも私の方が早く終わってしまうため道場の先生の方に集まってしまった。

補足
  『ミット打ち』は盾を二つ、両方の腕に通して打つ練習方法。M道場で行われるが道場の先生はそれを真似て行った。

 次に小太刀の練習試合を行ったがこちらも気がつくと道場の先生の方に集まってしまっていたのでやむなく一度、行った者同士でもう一度、行う事になったのは痛かった。しかもタイヤ交換をする時間が来ていた上に着替える時間があるのに気がついたためあと数分で時間なる前に帰った。

金曜日の練習(JさんとUさんが来る)

  ゴールデンウィーク前、という事で掃除などをした関係で1時間(実際には1時間半)、残業を行ってから一旦、自宅に戻って道具を持って練習に向かった。
  練習ではO先生にJさんとUさんが来ていたがJさんの帯の結び方が分からないため教える事になった。
やがて道場の先生や会長が来たが道場の先生は調子が悪いため練習を見る事にして会長が練習を行った。
準備体操を行い、次に突き蹴りや受身を行うとUさんが持っている級の練習を行った。最初に突き蹴りの形と受けの形をいっしょに行うが突き蹴りや受けはおおまかな所は合っているが細かい所はうまくできていなかった。なお途中でAさんが来たがAさんは道場の先生に突き蹴りの形の確認を行っていたのを見て「うかうかできないな」と強く感じた。
次に投げの形(実際には違うが)も行ったがここでもおおまかな所は合っているが細かい所はうまくできていなかった。
  投げの形が終わるとスポチャンを行うとともに小太刀から行ったが最初に会長と行うとうまく打つ事ができた。その次にUさんと行うがこちらはかなり手加減をして打たせるようにした。その次にAさんを行ったが今回は私自身の動きが良かったためここでもうまく打つ事ができた。
小太刀の次に長剣を行ったがUさんには手加減を加えて打たせるように行ったが周りから「隙がない」との事だった。
時間が来たため整備体操として突き蹴りを行うと自宅に帰った。

木曜日の練習(Tさんが来る)

当初は残業がある予定だったが幸いにも定時で終わったのを受けてすぐに練習に向かった。
練習場合に到着すると小太刀基本動作を行っていたが着替える関係で助言ができなかったが練習が終わってr君とy君とJ君で行った際にうまくできていない点を教えるとともに最後に行ったがJ君に『小手を打つ際に剣先が下がっていた』のを聞いて『失敗したな』と後悔しつつも『良く分かったな』と感心した。
その次に小太刀の相対稽古を行ったが最初に足打を避けての小手打ちを行ったが始める前に道場の先生と行ったが打つ際にとっさに掬打の小手で打ったのを採用したのを見て『扇打の方も行って欲しかった』と述べたかったが。
次に足打の試合(道場の先生との『足取り』)を行ったがこちらはうまく動けていないためかなり打たれていた。
次に練習試合を行ったが道場の先生は最初に『得物自由を行う』という事で私が長槍、r君とy君とJ君は盾長剣で行ったが長槍の対応がうまくできないため私の突きを避ける事ができなかった。
やがてTさんがやって来ると色々と話したがすぐに練習場合に加わるとともにR君が来たためTさんやR君の分の追加で行われた。もっともTさんはかなり打っていたがR君に打たれたのが印象的だった。

  子供の部の練習が終わって大人の部の練習にr君とy君とJ君やR君が加わっただけでなくTさんやHさん(今回はご子息だけで父親は休み)やUさんが加わったため今回も賑やかな練習になった。
小太刀ではTさんにはそこそこ打つ事ができたがHさんにはかなり打たれていた。
長剣や二刀でもTさんにはそこそこ打つ事ができたがHさんには散々、打たれていた。
得物自由では先週の失敗(2018年4月19日『木曜日の練習(大人の部のみ出る)』参照)から長巻を使う事にした。ただ、時間があまりないためTさんとY君で行う事しかできなかったがTさんにはそこそこ打ったのに対してY君はかなり良く打つ事ができた。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

火曜日の練習(月一の試合(盾小太刀))

  いつものように練習に向かうがその前に寒いと感じてストーブを持って行った。
私が到着した際には準備体操をしていてその中でストーブを出したが思っていたよりも寒くなかったのでストーブを点けずにそのまま様子を見る事にした。
  練習では月末、という事で試合が行われたが今回は盾小太刀だった。ただ二部は人数が少ないため早く終わると思っていたが実際にはなかなか終わらなかった。特にY君とy君(Y君と区別するためこの表記)ではお互い、打つ事ができないため長期戦になっていた。ただしY君は後ろに下がるとy君が追いかけるためY君は線まで下がってしまいそこから動けなくなっていた(結果としてy君が勝った)。しかも二部の試合が終わった後で勝ち点が同点の選手がいたため順位決定戦を行ったがここでもY君とy君の対戦は長期戦になったもののy君が勝った。
  二部が長かったのの対して一部は比較的早く終わるのが多かった。とはいえ道場の先生のご子息に関して今回はかなり強かった。しかしここでも勝ち点が同点のため順位決定戦を行ったがご子息は優勝した。
その後で行われた入れ替え戦では選手が防衛に成功したため入れ替えはなかった。

  試合が終わった後で道場の先生との練習を行ったが小太刀では体が暖まっていないため動きが悪く散々、打たれてしまったがご子息が『稽古をして下さい』と述べたので稽古を付けた際に体がかなり暖まったのでその次の短槍では動きが良かったためうまくできた。ただ道場の先生は手の調子が悪いため途中で終わったが。
その後は再びご子息と短槍を行ったり道場の先生ともう一度、小太刀を行った(こちらは動きが良かったためうまく打つ事ができた)。
やがて時間が来たため急いで自宅に帰った。

木曜日の練習(大人の部にのみ出る)

  週の後半で疲れが溜まっている上に仕事でミスをしたため気持ちを落ち着けるべく自宅に戻った際に休憩をしてから練習に向かった。

  練習では練習試合が終わるあたりに到着したので練習試合には加わらないで着替えるあたりでR君とr君とY君とS君が大人の部の練習に加わった。しかもやUさんやHさん親子が来たため今回も賑やかな練習になった。
  小太刀では大人の部に加わったため準備体操を十分に行わないでしたためうまく打つ事ができなかったが長剣では体が暖めって来たため動けるようになった。
その次の二刀では盾長剣を使ったがこちらはUさんやHさん親子には散々、打たれたがR君とr君とY君とS君には何とか打つ事ができた。
最後に得物自由を行う、ということで盾短刀を使ったがこれはかなり無理があった。UさんやHさん親子だけでなくR君とr君とY君とS君にも散々、打たれていた。今思うと長巻にしておけば良かった、と後悔している。
  やがて時間が来たため急いで自宅に帰った。

火曜日の練習(盾小太刀の練習を行った)

  いつものように練習に向かうが天気予報で『夕方から夜にかけて気温が低い』のを知っていたので今回は冬の間だけ持って行ったストーブを持って行く事にした。

    練習では最初に小太刀基本動作を行ったが最初こそ一通り行ったが道場の先生が行った際には最初の礼から『構え刀』までを何回か行い、最後に一通り行った。
次に先週に行った打ち方(今回も伏せます)を行ったが今回は真面目に行った。ただ、打つ際に飛び込んで打ったりするなどをしていて私の目で見て「これで良いのか?」と悩んでしまうが。
次に盾小太刀の練習を行ったがこちらも先の練習を踏まえて行うように、との事だったがうまくできていなかった。
最後に練習試合を行ったが先週の失敗を踏まえて三本勝負で行ったものの、時間がかかってしまい多くできなかった。

  次に道場の先生との練習を行ったが最初に小太刀から行うも回り稽古で行った。とはいえ今回もU君には上段の構えを取ったがうまく打つことができたのに対して道場の先生とではうまくできなかった。
次に盾短刀を行った(ただし回り稽古ではない)がU君はうまくできないのに対して道場の先生では逆に私の方がうまくできなかった。
やがて時間が来たので急いで自宅に帰った。

土曜日の練習にお邪魔する(前半は合戦や乱戦を行う)

  今回は特に用事はなく、練習を多くすべく練習に向かった。
準備体操を行うと最初に合戦を行ったが次に合戦での戦略について道場の先生が述べてから乱戦(合戦と乱戦の違いは補足で述べるが戦略については真似をされると困るため伏せる)を行った。

補足
  合戦と乱戦の違いとしては、合戦は同じ人数(今回は三人一組同士)で行うのに対して乱戦は片方が少なく、もう片方が多い(今回は一人対二人)。

  合戦と乱戦が終わると今度は小太刀の回り稽古を行った。こちらは普通に行うが途中、私だけなってしまうため道場の先生と行ったが道場の先生とではうまく打つ事ができなかった。

  最後に練習試合を行ったが道場の先生は短槍や短刀の審判を行い、私は盾小太刀の審判を行った。とはいえ気がつくと私の方の人数が少なく、道場の先生の方の人数が多くなってしまったのでやむなく三本勝負に変えた。なお少なくなった原因は一本勝負にしていたためすぐに移動してしまうためだと分かった。
やがて時間が来たので急いで道具をしまうと自宅に帰った。

金曜日の練習(Jさんが来る)

練習に向かうとそこには道場の先生と会長とO先生にJさんがいたがいつものように準備体操を行うとJさんが取得している級での拳法の復習を行った。
最初に突き蹴りの形ではいつもしているためうまくできたがJさんはあまりうまくできなかった。しかしその次に行った投げの形では今までしていなかったためうまくできなかったので会長に教わりながら行った。
  次に小太刀を使う、という事で最初に小太刀基本動作を行った。こちらはいつもように行ったがJさんはうまくできないのを見て(ひどかったのが打つごとに一歩づつ進むをせずその場で打っているだけ)を見て会長は私のを見て手本にすべく行った。その次に練習試合を行うが最初に会長と行うも気がつくと会長に負けていた。その次にJさんと行うがJさんは打つ事ができず空振りや私の小太刀を打っていた。そのため少しだけイライラしたので打たせるようにするのを止めてしっかり打った。その次に会長とJさんで行った際には会長は打たせるようにしたためJさんは何とか打つ事ができた。
最後に整備体操として突き蹴りを行ってから自宅に帰った。

木曜日の練習(続 上段を多くする)

  いつものように練習に向かうと道場の先生で小太刀基本動作を行っているのを見ながら着替えた。着替え終わってからr君とY君とJ君のを見るがこの前の審判講習会で見た経験を踏まえてうまくできていない点を教えた。
  その次に相対稽古を行ったがY君はr君の打ちが痛いらしく痛がっていた。J君はあまりうまくできていないかった。特に押面からのカウンターの小手を打ったり連打では道場の先生の指示を聞かずに打っていた。
練習試合では大人の部と違って手加減をある程度、した上で行った。なお練習試合の時点でもR君が来た。
  大人の部の練習でもR君とr君とY君は出たのに加えてHさん親子にUさんとMさんも加わってかなり賑やかになった。ただ先日と違ってR君とr君とY君に対して上段の構えを取ったのな小太刀と長剣だけにして二刀で上段の構えは行わないようにした。
  得物自由では長巻にしたものの、Uさんの長剣が壊れたので私の長剣を貸したものの私の長剣も壊れたのでやむなく盾小太刀に変えたがその際に長巻で使っている長槍のジョイント部がズレていたのだがやがてズレやすくなってしまい、ズレが気になっていたためうまくできなかった。そればかりか「長巻にしないで盾短刀にすれば良かった」と後悔した。
やがて時間が来たので急いで自宅に帰った。

火曜日の練習(中学生になったU君が来る)

審判講習会で録画したパソコンを持って練習に向かった。それ以外にも短刀の空気の量を教えるのもあったが。
練習では小太刀基本動作の練習をすべく早素振り(剣道でいう『跳躍素振り』)で基本動作を行ったのだが初めて行う生徒はともかく以前に習った生徒もうまくできていないのが現状だった…。
その次に打ち方(先週に続いて伏せます)を行った(練習内容も申し訳ないのですが伏せます)がうまく足の運びができていないのを見て『道場の先生の話をキチンと聞いて欲しい』と強く感じた(もちろん道場の先生の話を完全に理解できないのは分かるのだが…)。
その次に盾小太刀の回り稽古を行ったがそのあたりで中学生になったU君がやって来たが私は盾小太刀の練習を行うものの、今回行った練習を盾小太刀で行った。
  最後に練習試合を行ったが道場の先生だけで審判を行うのは厳しいと考えて副審を行ったがうまくできなかった。
  子供の部の練習が終わって道場の先生との練習を行ったがそこでもU君が入ったので先週の木曜日の練習(2018年4月5日の『木曜日の練習(久しぶりに上段の構えを多くする』参照)と同じく『U君には上段の構えを取ろう』と考えていたがすぐには実行できず、盾小太刀の練習でようやく行う事ができたがU君は上段の構えからの攻撃に対して対応ができずかなり打たれていた。
やがて時間が来たので急いで自宅に帰った。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる