FC2ブログ

金曜日の練習(大会前日&Aさんが来る)

  いつもにように練習に向かうと道場の先生とO先生がいたがすぐに会長も来ると準備体操を行った。準備体操が終わって少ししてAさんがやって来ると突き蹴りの形を
行ったが途中で足の位置を間違えてしまいうまくできなかった。一方の投げの方を行ったが先週と同じく基本的な投げしかできなかった。
その次にスポチャンの練習を行った。最初に小太刀を行った際に会長と行ったがそこそこ動けていた。次にO先生や道場の先生とも行ったがこちらもそこそこ動けていた。しかしAさんと行った際にはうまく打つ事ができず逆に打たれた。
その次の長剣でもそこそこ動けていたがAさんには打たれていた。
やがて時間が来たので整備体操として突き蹴り行って終わると自宅に戻った。

木曜日の練習(大会に備えて)

  仕事が終わってから一度、自宅に戻ってお風呂を沸かしてから練習に向かった。ただ練習場所はいつもの練習場所である柔道場ではなく剣道場(あさっての大会に備えたため、だと考えている)に到着した際に子供の部の練習では足打ちを避ける練習をしており、しかも練習には参加できずに終わってしまった。その次の練習試合に参加するが動きが悪く思うようには動けておらず、R君には打たれてしまいr君やJ君やY君には経験で動いて打つのがやっとだった。
  やがて子供の部の練習が終わって大人の部の練習となったのだが道場の先生は練習に加わらず、代わりにUさんが来たので練習を行うも思うようは動けていなかった。少なくとも小太刀は動きが悪く散々、打たれていた。盾小太刀でも思うようには動けていなかった。なお道場の先生が審判を行ったので今までよりもうまく打つ事ができていたのは実感した。
長剣あたりから動きが良くなっていてこちらはそこそこ打つ事ができた。盾長剣でもそこそこ打つ事ができたが短刀では長さの関係から思うように打つ事ができなかったが慣れて来た事もあって長剣ほどでないまでもそこそこ打つ事ができたが盾短刀では面しか打つ事ができない(しかも振り抜くためなおさら)ためうまくいかなかった。
盾短刀の次に行った得物自由では私が長巻を選んだのに対してUさんは長剣で行ったがこちらはある程度、動けていた。
最後に長剣両手を行ったがこちらもそこそこ動けていた。
やがて時間が来たため練習が終わると自宅に戻った。

火曜日の練習(月一の試合(小太刀))

  いつものように練習に向かうと道場の先生に「土曜日は仕事があるため大会には参加できない」と伝える(なお大会には参加ができるので訂正する(2018年3月30日 午後6時20分追記))とその日は月一の試合が行われた。そこで私は審判を行う事になったが今回も一部と二部に分かれて行った。
 いつものように練習に向かうが練習前、道場の先生に「土曜日は仕事があるため大会に参加できなくなった」と伝えるがその日は月一の試合だった。今回は前回の試合と違って小太刀だけで行った。とはいえ今回も一部と二部に分かれて行うのは同じだが。
最初に二部の試合が行われたが今回も白熱した試合展開になっていた。もっとも時間内に終わるのが多く、時間ギリギリに終わるのはほとんどなかった。
一部では二部以上に白熱した試合展開になっていた。こちらは時間ギリギリまで行うのが多く時間内に終わるのはあまり多くなかった。
その次に行われた入れ替え戦では一部も二部も死守したのは印象深った。

 試合が終わって道場の先生との練習になるがこちらはそこそこ動けていた。ただ短刀だけはうまく動けていなかった。道場の先生だけでなくご子息との練習を行ったがこちらはご子息に対して掛かり稽古の要領で行った。

 やがて時間が来たので翌日が仕事なので急いで自宅に戻った。

土曜日の練習にお邪魔する(翌週の大会に備える)

 土曜日の練習がある、ということで今回もパソコンを持って練習に向かった。
練習が始まる前に準備体操を行い、それから練習となったのだがその際に来ている生徒を3人一組に分けて小太刀基本動作の練習を行った。最初の3人は初心者、ということでいつもなら私が行うのを見てから練習を行うがせっかくパソコンを持って来たのでそれにあるカメラで私が行っているのを録画してそれを見せて『ここはこうしている』と説明してから練習を行った。なお練習では私も隅の方に立って練習の手助けをすべく号令通りに行った。その後は道場の先生が持ているiフォンのカメラで生徒たちの練習を録画して『ここは違っている』と説明をしていた。
その次の3人は既に録画したのを見せては説明しつつ同じように行っていたが気が付くと隣では団体戦を行われるため審判をする関係で抜けると団体戦の審判を行った。
 団体戦では最初こそ最後までもつれる戦いだったがその次以降は片方のチームが勝ってしまい最後は消化試合になってしまったり、かと思えば最後までもつれたりと悪くはない試合運びだった。とはいえ、同じチームが勝たないように選手を入れ替えるようにしたものの入れ替えた結果として消化試合になったのは痛かった。それ以外では道場の先生が他の生徒に小太刀基本動作を教える関係でその都度入れ替わりが起こるためそこでもどのチームに入れるかで悩むことになったが。
 やがて道場の先生が小太刀動作を教え終わると掛かり稽古を行ったがその際に隣では合気道を行っていて道場の先生だけでは厳しいと考えて私も加わった。ただ、悲しい事に私の方は道場の先生の御子息とY君ぐらいしか来なかったのだが。
やがて時間が来たので練習が終わると私は自宅に帰る事にした。

木曜日の練習(Hさん親子が久しぶりに来る)

  仕事が危うく残業になりそうになったものの、幸いにも定時から15分だけ遅く終わったのでいつもとは違うルート(当初は1時間ほどの残業をした際に使うルートだが定時に終わった際にどれだけ早く着くか調べるべく使う事にした)で練習に向かった。
  練習では昇級試験に合格した、ということで生徒たちが賞状を受け取っていたがすぐに小太刀基本動作の練習を行った。その際に私はR君はY君を教えているを見ているだけでは十分とは言えないためR君の補佐をすべく教えたが教えたこともあって段々、良くなって来たが最後に突きを教える前に時間が来てしまいそこで教えるのを止めると最後はみんなで小太刀基本動作を行ってそこでの練習を終わった。
 小太刀基本動作の次に道場の先生は『相対練習を行う』とおっしゃったのだがR君は何を思ったのか『道場の先生との練習』述べた(道場の先生は「それは『掛かり稽古』だ」とおっしゃったが)のを受けて掛かり稽古を行った。なお道場の先生はトイレに向かったため私は代わりに行ったがとっさに思いついた練習としては打ってから避ける練習、さらには連打の練習(いずれも詳細は補足で述べる)を行った。

補足
  行った練習のうち『打ってから避ける練習』では盾と小太刀を使った練習で順に押面、扇面、掬面、小手、掬胴、扇足、掬足(なお扇足と掬足は打たせた)突きを行った後で避ける練習(避けた後で打つ場所はランダム)を行い、次に連打の練習では扇面から扇足、掬面から扇足、扇面を打ち放っての掬足を行った。

  掛かり稽古が終わると練習試合を行ったが動きが見えるためかなり良く打つ事ができた。

  子供の部の練習が終わるころにHさん親子が来るとともにUさんがやって来たのでHさん親子やUさんに短刀のルールが変わった事や盾短刀の事を教えると小太刀の練習となった。しかし季節の変わり目のため疲れが出ていてうまく打つ事ができなかった。長剣や二刀(ただし二刀では盾長剣にしたが)でもうまく打つ事ができなかった。その次の得物自由では短刀をUさんと行ったが今まで突きだけだったのに加えて打ちが加わった事でやりづらいのを強く感じた(なお長さに差があるのもあるがそれに関しては略す)。その次の盾短刀でも面を打とうとしてもうまく打つ事ができずやりづらいのを感じた。
その次はいつも行っている長巻だがこちらはやりづらさはなかったもののうまく打てていないのを感じた。
最後は長剣両手を行ったがこちらはそこそこ動けていた。
やがて時間が来たので練習が終わると自宅に帰った。

火曜日の練習(受けの練習を行う)

いつものように練習に向かうが途中で寄り道をした際に練習の始まる時間が迫っていたので急いで練習に向かった。

  練習では道場の先生は新しく来た生徒に練習を教えていたため私が代わりに行った。なお練習では四方囲(詳細は補足⒈で述べる)を教えたが慣れている生徒はうまく行っていたが慣れていなお生徒がいたためそこはうまく教えた。

補足⒈
  四方囲は教えた順に上囲、左囲、右囲、下囲だが、下囲は基本では突きなのに対して今回は下からの振り上げを受けるように教えた。なお突きは斜め下に避ける(今回は両手を使って避ける)のにした。

  四方囲の練習が終わって次に道場の先生の指示を受けて打ってから避けるのを行ったが片方だけ受けてから打つ(こちらも補足⒉で述べる)のになってしまい、後で道場の先生が見た際には修正した。

補足⒉
  道場の先生の指示では片方の生徒が面を打ってからすぐに逃げるのに対してもう片方の生徒は面を受けてから逃げないうちに打つ、という練習だが、最初に行った際には片方だけしか行わなかった。なお道場の先生が見た際に行った修正は片方の生徒が面を打ってから逃げるのに対してもう片方の生徒は面を受けてから打つ、を交互に行った。

  最後は回り稽古を行ったがこちらは私だけでなく道場の先生もいっしょに見たが道場の先生がメインで私は道場の先生が見えていない所を見ていた。その次は小太刀と盾小太刀をでの回り稽古だったがこちらも道場の先生が見えていない所を見ていた。

  子供の部の練習が終わると道場の先生との練習になったが小太刀では動きが悪く、散々、打たれていた。
その次の短刀は突きだけでなく打ち(ただし打つ事ができるのは面と小手だけ)も有効なため今までのようにはいかずここでも散々な目に遭った。
短刀の次に盾短刀を行ったがこちらも切り(上記の短刀と違って『打ち』ではなく『振り抜き』のため『切り』と表記。なおこちらは面のみ『切り』ができる)だったためこちらも思うようにいかず散々な目に遭った。
最後に長巻を行ったがうまく打つ事ができたとは言えなかった。
やがて時間が来たため急いで自宅に戻った。

金曜日の練習

 いつものように仕事が終わって自宅で少しだけ休むと練習に向かった。
練習では先週(2018年3月9日の『金曜日の練習(2週間ぶりに行う練習)』参照)と違って今回は準備体操から入ったがその後で突き蹴りの形を行うがうまく突き蹴りや受けができなかった。
その次に投げの形を行ったがこちらは投げられた際にうまく受け身をするのはできたが投げの方は基本的な投げしかできず、道場の先生や会長やO先生のを見て『他の投げを練習しないと』と強く感じた。
 投げの形の次にスポチャンの練習を行ったがこちらはいつものように行った。ただ一本勝負なので打たれないようしたため小太刀ではうまくいったのものの長剣ではうまくいかなかった。
 スポチャンの練習が終わって時間が来たので整備体操として突き蹴りを行ってから自宅に戻った。

木曜日の練習(短刀の練習を行う)

  仕事が終わって一度、自宅に戻って(翌日に持っていく物があったため自宅に戻った)から練習に向かうとそこでは練習試合をしながら審判の練習をしていた。ただr君はうまくできていたのに対してY君はそこそこできていたがJ君はうまくできていなかった。そこで私も審判の練習をしつつ練習試合に入ったが審判はあまりうまくできなかった。


  やがて子供の部の練習が終わると道場の先生と行っているうちにUさんが来たので練習を行ったが素振りをしているのにも関わらず小太刀や長剣ではUさんいはかなり打たれていた。一方の短刀や盾短刀では長さが違う(2018年2月12日の『木曜日の練習(M道場で盾短刀を行う)』の補足を参照)ためうまくいかなかった。

補足
 短刀や盾短刀では小手や面に限って打つことができるのだが上記の通り長さが違うためうまくいかなかったのが現状。なおUさんは短刀の代用である小太刀を使ったのに対して私は短刀を使用。

  次に長巻や盾長剣を行ったがこちらもいつもと同じくそこそこ動けていたのが現状だった。
最後は盾長剣を行ったがあまりうまくいかなかった。やがて時間が来たため練習が終わると急いで自宅に戻った。

土曜日の練習にお邪魔する(銃剣道の方たちとお相手をつけていただいた)

 前橋市大会のプリントを渡すべく練習に出る事にした。しかしながら道場の先生は『背中が痛い』ということで道場の先生との練習は行わないため私服(ただし胴着等は持って来たが車の中に置いていた)で見る事にした。
 最初に合戦を行ったがせっかくパソコンを持って来たのでそれを録画したが今思うと録画した動画を削除しなければよかった。
次に小太刀の回り稽古を行ったがこちらは録画せずに見ていたがそこへ隣で行っている銃剣道(2017年7月1日 『銃剣道を体験する』参照。なお今回は短剣道としてやって来た)の方たちがやって来たので大急ぎで胴着が入っているカバンなどを持って来ると急いで着替えてから相手をつけていただいた。短剣道を行っている(休憩で来ている関係で面と小手は着けていなかったものの胴と垂を着けていたがそれらを着けていると思うように動けないため外していた)ため構えはしっかりとしていてなかなか打つ事が出来なかった。そのため一本目は打たれたが動きが見えたため二本目と三本目は突いた。その後は道場の先生の御子息たちが相手をつけていただいたが銃剣道の方たちもかなり良く打っていた。
 最後に団体戦を行ったがこちらは録画をしていたがこれも削除しなければ良かった、と後悔している。なお試合の方は最初は大将戦までもつれ込んだので見所があったがその次は先に3勝してしまい、最後は消化試合になってしまったのは残念だが。
やがて時間が来たので練習が終わるといつものように自宅に戻った。

金曜日の練習(2週間ぶりに行う練習)

  運悪く残業をするも幸いにも練習に向かった際には丁度、大人の部の練習が始まる所だった(ただし準備体操が終わってそんなに経っていない)ので練習に加わった。もっとも先週や先々週は大人の部の練習がなかった上に昨日の練習(2018年3月8日『木曜日の練習(昇級試験&大人の部は行われず)』を参照)では大人の部の練習ができなかっただけに助かったが。
  練習では突き蹴りを行うと突き蹴りの形(久しぶりに行ったためうまくできなかった)を行い、次に投げの形を行った。しかし投げの形では私は基本的な技(しかもそれだけしか思いつかなかった)を行ったものの、道場の先生が私に行った際にはうまく受け身ができず転がっているだけだった。なお会長やO先生ではうまく受け身ができた。
  投げの形が終わってスポチャンの練習を行った。なお練習に向かった理由の一つに盾短刀で面の斬撃『打突(『打撃』では不適切なため『打突』と表記(以降、略。理由は下記を参照)なお話した内容はまだ公式のアナウンスが出てないため打ち方が『振り抜く』までしか述べることができないのでご了承下さい)公式のアナウンスがあり『斬撃』よりも『打突』が可能になっため取り消します(2018年3月11日午後12時56分 追記)ができる』事を述べると会長は『短刀では『打つ』のもできる(こちらも公式のアナウンスが出ていないため多くを述べることができませんのでご了承下さい上記の通り、公式アナウンスが出たため取り消します。(2018年3月11日午後12時56分)なお今回、出たアナウンスに関してですが、短刀の打突は面と小手のみ可能ですのでお間違いないように(2018年3月11日午後1時1分 追記))という話を聞いた。
練習では総当たり戦で行ったが素振りをしているとはいえ動きが良いとは言えなかったがうまく打つことができた。もっとも私の番が終わった後は審判を行ったがこちらはそこそこ上手にできた。ただ長剣で会長と行った際に打たれたが。
  やがて時間が来たので整備体操として突き蹴りを行ってから自宅に戻った。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる