FC2ブログ

火曜日の練習(月一の試合(得物自由))

  いつものように練習場所に向かうと月末恒例の試合だが今回は得物自由だった。
得物自由、なのだがいつも行っている得物自由とは違っていた(詳細は補足で述べる)。

補足
  今回の得物自由は長剣両手、短槍、盾小太刀、小太刀、短刀のいずれかを選ぶ。

  得物自由、とはいえいつものように一部とニ部に分かれて行った。印象としては一人だけ盾小太刀でかなり頑張っていた生徒(今回で2回目)がいたには印象深かった。
  一部では道場の先生のご子息がかなり頑張っていたのに対してU君は短刀で行うもうまくいかずに最下位になっていた。
一部、ニ部、ともに終わった際に同率の生徒がいたため順位決定戦を行ったがこちらもかなり白熱した試合になっていた。
  同率の生徒の順位が決定すると次に入れ替え戦となったがU君は死守したのに対してもう一人は勝つ事ができず入れ替えとなった。

  試合が終わって道場の先生との練習となったがこのころになって治ったはずの風邪がぶり返してしまい思うように動けていなかった。とはいえ短刀では道場の先生から『隙がない』と言われたのが印象深かった。

  やがて時間が来たため自宅に戻ったが自宅に戻った際に寒気が出てしまったのは痛かった。

土曜日の練習にお邪魔する

  昼食を摂って自宅に帰ろうとした際にO道場の先生が練習場所にいたのを見て大急ぎで自宅に戻って道具を持ってから練習に向かった。なお今日の練習は行わないと思っていたのでかなり慌てた。
  練習では道場の先生が短刀を持っていて種目の説明をした後で小太刀での突きの練習(なお練習については補足で述べる)を行ったが『打つ』練習と違って『突き』の練習は難しくうまく当たらないでいた。突きの練習が終わると次に避ける練習(こちらも補足で述べるを行ったがこちらもあまりうまくできなかった。

補足
  突きの練習では片方が突くのに対してもう片方は小太刀を体の前(ただし中心部(体幹))に出すとともに剣先を上にして片方の手は柄を握るとともにもう片方は剣先を握る。突く際にはラベルなどを突くとやりやすい。ただ突きが外れると小太刀を握っている人に当たるためうまく当てないといけないのが欠点。『突きが外れて突かれるのはイヤ』な場合は小太刀の剣先を下にして柄を握る。その際に体から離して(具体的には持っている手の方の腕を伸ばす)柄を握ると良い。
  一方の避ける練習では見本として道場の先生の突きをとっさに斜め下に押さえてから打ったがそれを採用した(基本である四方囲では下囲いで避けるため違う(私も下囲いで避けるつもりだった)のだが)。

  練習が終わってその間に道場の先生と盾短刀の練習を行ったが今まで突きだけだと考えていたのがそうではないため(詳細は通達が出ていないため伏せる)少しだけやりづらくなった。

  突きの練習が終わって一度、回り稽古を行うと次に『全員敵(詳細は補足で述べる)』を行った。

補足
  『全員敵』は自分以外の誰かを打つ事ができるのが特徴の練習。もっとも同盟を組んだりするのも『あり』だが最後は同盟を破棄する必要があるため結局は『裏切り』が起こりやすい。もっとも同盟を結ぶ振りをしての『裏切り』もありだが…。

  最後に練習試合を行うが道場の先生と私で分かれて行ったが最初は小太刀、次に長剣、と同じ得物で行ったが最後は道場の先生は得物自由なのに対して私の方は盾小太刀を行っていた。

  練習が終わって少しだけ時間があったので道場の先生と小太刀や長剣両手の練習を行ったが風邪の引き始めで調子が悪いのにも関わらず何故か動けていた。
やがて時間が来たので練習は終わったので自宅に戻った。

木曜日の練習(M道場で盾短刀を行う)

残業を1時間、行ってから練習に向かった。ただ到着すると既に練習試合を行っておりそんな中、長剣両手を行ったが思うように動けていなかった。

  子供の部の練習が終わっていつものようにUさんだけ来た中で練習を行った。最初に小太刀を行ったがこちらはそこそこ動けていた。長剣も同様にそこそこ動けていたが二刀はあまり動けていなかった。
二刀の次に得物自由を行ったが道場の先生に『盾短刀を行いたい』と述べたものの私は何を思ったのか最初に長巻を行ったがこちらもあまり動けていなかった。
その次に盾短刀を行ったが私は短刀を使ったのに対してYさんは小太刀を代用として使った。しかし長さに差がある(詳細は補足で述べる)ため思うようにはいかなかった。

補足

  私が使っている本来の短刀は全体の長さが45センチ(物打ではおよそ30センチほど)
なのに対してUさんが使った短刀の代用である小太刀は60センチ(物打ではおよそ45センチ)のため長さにかなりの差がある。

  最後に長剣両手を行ったがこちらもあまり動けていなかった。
やがて時間(ただし雪が降っている関係もあって早目に)が来たので終わったのを受けて急いで自宅に戻った。

火曜日の練習(続々 長剣両手&短槍を行う、続 未想定の盾短刀を行う)

  いつものように練習に向かうが着替えている私が着替えている間に準備体操を行っており、気がつくと小太刀基本動作の練習道場の先生に頼まれたのでまだ小太刀に空気を入れておらず、そのためとっさに木刀の小刀で行った(本来なら小太刀で行うべきだが)。

  小太刀基本動作が終わると今度は小太刀の練習を行ったがその際に道場の先生とご子息とU君は新しく来ている方たちといっしょに行った。ただ、新しく来ている方たちを見ていて『収め刀』をしていなかったのを見て、小太刀の練習が終わった際に『収め刀』を教えた。
  その次に長剣両手の練習を行った。こちらは受け方を二人だけ教えるに留めたのが痛かった。
  長剣両手の次に短槍を行ったが人数の関係で私も加わったが途中で突きの練習を一度だけ行った(詳細は補足で述べる)後で私は抜けると練習を見た。

補足
  突きの練習について述べると長剣(ここでは短槍)の剣先を上に向けて突くのだが、ただ突くのでは練習にならないため私は長剣にあるラベルを突くように心がけた。また練習を行っている相手に合わせて膝立ちをして突きがしやすいように心がけた。なお私の場合、ラベルに当てようとして数回は外れてしまいあさっての方向に突いてしまっていた。

  短槍が終わって子供の部の練習が終わると道場の先生との練習を行ったが道場の先生は短刀を二つ、持っていたため最初に短刀の練習となった。練習ではいつもの構え(今回も詳細は伏せる)を取ると突きを避けてから突く、のを多く行った。
 短刀が終わると次に盾短刀を行った(なおこちらも未想定。未想定の中で行ったのは2018年2月9日の『金曜日の練習(未想定の盾短刀を行う)』を参照)。金曜日の時と違って道場の先生は突きが当たらないようにと色々と構えていた(詳細を述べると不利になるため伏せる)がいずれも欠点を見つけてはそれを突く、というのを行った。もっとも構えによっては盾などで体の前面のほとんどが突けないため、空いている背中を突くため『背中の突き』が有効なのかどうかが気になるのだが…。そればかり盾を前にしての体当たり(微妙な所だがいわゆる『シールドチャージ』)して相手の盾に当てて相手の盾を封じたり、盾や短刀で相手の短刀を封じて突くのをしたり、をするなどをした。
  盾短刀が終わると最後に長巻を行った。最初に道場の先生のご子息と行ったが幼いため長巻をうまく使えなかった。その次に道場の先生と行ったが盾短刀ほどでないまでもそこそこ動けていた。

  やがて時間が来たため翌日は仕事のため急いで自宅に戻った。

火曜日の練習(続 長剣両手&短槍の練習)

いつものように練習に向かうがうっかりミスで遅く来てしまったが練習の前に古河大会や全国幼年選手権大会の動画を見ていた。
それが終わって長剣両手の練習を行ったがその際に着替えていたためうまくできたかどうかをしっかりと見る事ができなかった。
その次に短槍の練習を行ったがこちらは前回の続きで左右の避けに加えて上の避けと下の避けを行った。ただ上の避けがうまくできないでいたのは残念だったが短槍の避けは全部、教えたのは良かった。

  短槍の練習が終わると子供の部の練習が終わるが大人の部の練習として長槍の練習を行った。もっとも短槍で練習を行ったため応用こそ効いたが長槍は柄が長いため避けはうまくできたがその後の突きは道場の先生のご子息はうまくできたのに対してY君はうまくできなかった(Y君はご子息と違って長槍を使うための筋肉が少ないため避けた後の突きが数回、顔に当たった)。
道場の先生のご子息とY君の練習の間に道場の先生と練習を行ったが最初に長巻を行ったが何故か動けていた。その次に長槍を行ったがこちらも動けていた。
最後に棒を行ったがこちらもそこそこ動けていた。
やがて時間か来たので急いで自宅に戻った。

古河大会 レポート

  仕事が変わって筋肉が落ちてしまっている上に素振りも行わず、さらには先々週、先週の金曜日の練習は休みのためかなり不安な中、大会に向かったがO道場の先生は体調不良のため参加しない上に毎年、行うはずの古河市大会が行われない(インフルエンザの影響で古河市大会を行う人数が足りない)ためいきなり小太刀基本動作から始まった。しかし小太刀基本動作ではY先生と当たってしまい1回戦で敗退した。
その次の長剣や二刀(詳細は補足⒈で述べる)でも1回戦で敗退した。

補足⒈
  今回は小太刀と長剣と二刀のいずれか二つを選ぶ。

  その後でグラチャン戦を行って昼食を食べた後で急に閉会式を行った後ですぐに部外競技が行われた。
部外競技、という事で最初に盾長剣を行った(こちらも補足⒉で述べる)が準々決勝で敗退した。

補足⒉
  ここでは盾長剣か長剣両手のいずれかを選ぶ。

  その次は何故か40歳以上の部を行った(この種目では二刀)が参加人数が8人と少ない上にあまり強い選手が少ないため決勝まで進むが決勝で敗れ準優勝になった。

その次に短刀を行った(こちらも補足⒊で述べる)が1回戦こそ突破したものに2回戦で敗退した。

補足⒊
  ここでも短刀か短槍を選ぶ。

  最後に長槍を行ったがこのころになって疲れがピークに達していてあまり動きたくない中で行ったがここでも2回戦で敗退した。


  すべての種目が終わって閉会式が行われたがそこで部外競技で賞状やメダルが出ない理由が分かった(なお詳細は主催者の意図を汲んだ上で述べたくないため伏せる)。
閉会式が終わって自宅に戻るべく持って来た道具を運ぶが疲れで思うように動けず、近くにある図書館で30分ほど休憩をしてから自宅に戻るが十分に休憩できなかったためあちこちで10分ほど休憩をするのを数回、行ってようやく自宅に戻った。

金曜日の練習(未想定の盾短刀を行う)

  いつものように練習に向かうが道場の先生は旅行をしていてO先生と会長が来た中で行った。
準備体操を行ってから最初に小太刀を行ったが途中で『グローブの使用禁止』がある事を想定してグローブを着けずに行ったが一度、拳同士が当たった(ただし軽く当たった程度)のを受けてグローブを着けるとともに「間合いに注意しないと」と感じた。
  小太刀の次に長剣を行ったがこちらは最初だけグローブを着けずに行ったものの途中でグローブを着けて行ったが拳同士が当たる、といったことは起こらなかった。
  最後に「盾短刀がどういったものになるか」ということで行ったが最初は普通の盾小太刀に短刀の構え(短刀の構えについて詳細を述べるのを伏せる)を行ったがその次に盾の持ち手を通常とは違う持ち方(こちらは補足で述べる)を行ったがやりづらく、最後は普通に盾小太刀と同じ持ち方に変えて行った。

補足
  盾の持ち方は通常、3本ある持ち手の部分に利き腕と反対の腕を通すとともに手の部分に来る持ち手はそれを握る、のだが『通常とは違う持ち方』は利き腕と反対の腕に通すのは同じだが手の部分の持ち手は手の甲に通すとともに手のひらを盾を合わせるのが違い。なおこの持ち方は盾で受け止めるのがしづらいため人によって好みが分かれる。

  盾短刀が終わると最後に整備体操として突き蹴りを行ってから終わった。

木曜日の練習

  いつものように練習に向かうがR君とr君でJ君とY君を小太刀基本動作を教えていたがY君やJ君が間違って行っているのに気がつき、それを修正すべく述べてから着替えた。
着替え終わったあたりになって全員で小太刀基本動作を行い、その次に一人づつ行った。J君は始めてから長いもののうまくできなかったのに対してY君はJ君から比べるとうまくできたがr君は行った際に笑っていたのでそれを注意した。最後にR君が行った際には3人よりもうまくできたのでそれを褒めた。

  その次に練習試合を行った(通常は打突の練習が終わった後で練習試合を行う)がいつもなら負けているR君に勝っていて『動けている』を感じた。

  子供の部の練習が終わって大人の部の練習になったが始まってすぐには誰も来ないため道場の先生と行ったがUさんたちが来たためUさんたちで練習を行った。とはいえ小太刀や長剣ではあまり動きが良いとは言えず、そこそこ動けていたのが実状だった。
その次に二刀や短刀を行ったがこちらもそこそこ動けていたの実状だった。
最後に得物自由を行ったが私はいつものように長巻を使ったものの、こちらはうまくいかなかった。
やがて時間が来たので練習が終わると自宅に戻った。

火曜日の練習(長剣両手&短槍を行う)

  いつものように練習に向かうが向かう前に『全国幼年大会の件で取材が来る』とメールが来ていたのでどうするか考えながら向かった。

  練習場所に到着すると道場の先生に取材の際にどうするかをたずねるが「普通に行う」との事だったが「準備体操と長剣両手の基本動作を行って欲しい」ので準備体操は私がいつも素振りをする前に行う準備体操を行い、次に長剣両手の基本動作を行った。ただ長剣両手の基本動作は自分一人で行っているものの、他の人に行うのはあまりしていないためかなりやりづらかった。もっとも生徒たちもうまくできていないのは見て分かったが。

  長剣両手の基本動作を行うと次に長剣両手の回り稽古を行ったが今思うと「長剣両手の受け方を教えておけば良かった」と後悔している。実際に行ったが気がつくと片手で打っている生徒がおり、それを何回も注意したため「失敗したな」と感じるとともに「打ち受け(正確には『交互受打』)を教えてから行うべきだった」と強く感じた。
  長剣両手の練習が終わると短槍を行ったが最初には避ける練習をせずにおこなった(なおこの時点で道場の先生も回り稽古を見ていた)が次に避ける練習を行ったがすぐにはうまくできず私が教える事でできるようになった。

追記(2018年2月7日 午後10時14分)
  短槍や長槍では突く際に絞る(実際には『上から押さえて突く』2017年10月2日の『北関東審判講習会(去年の念願を果たす)』)を参照)のだが絞って突く(いわゆる『合谷を合わせる』)のが面倒なため持っている段階で両方の手の甲を上にしているが道場の先生は前に出している手(すなわち左手)の手の甲が下になっているためそれに合わせるのが大変で、気が付くと手の甲が上を向いていた。



   子供の部の練習が終わったものの、次に棒や杖の基本動作の練習を行っていたため私も加わった。とはいえ、棒の基本動作は久しぶりに行うためうまくできたとは言えなかったが道場の先生と棒の練習を行った際にはそこそこ動けていた。
次に長槍の基本動作を行ったがこちらはそこそこうまくできた。ただし道場の先生との練習は行われなかった。
最後に時間の関係で長巻の練習を行ったがうまくできなかった。
  やがて時間が来たので急いで自宅に戻った。

団体戦における各ポジションの重要性

今回は 『団体戦におけるよくある勝ち負けのパターン』の補足としてスポチャンでの団体戦の各ポジションの役割を述べておきます。
ただしスポチャンの団体戦は3人一組が多いため参考にする際には注意が必要です。それと基本的な団体戦では先鋒が小太刀、中堅が長剣フリー、大将が二刀、ですが大会によって異なる場合がありますのでそれにも注意が必要です。それと下で挙げたサイトを参考にしながら一般論や私自身の考えを述べていますので参考に留めて下さい。なお『参考にして失敗した』等の苦情などは一切、受け付けませんのでご了承下さい。

  先鋒は最初なのでポイントゲッターとしての役割があり、また先鋒が勝つ事で『次に繋げる』ということから『ムードメーカー』としての役割も必須です。勝つ際に一番、強い選手を置いておきたいポジションですが相手の実力が分かった(もしくは分かっている)場合は次に強い選手を置くのも一つの手ですが先鋒で負けるのはリスクが高いため勧められません。


  中堅は『ここで勝つぞ!』という気持ちが必要になるとともに実力も必要になる上に先鋒が負けた際に大将に繋げるため『負けない気持ち』むしろ『精神力が強い』選手が必要です。またここに一番強い選手を置いた方が無難です。


  大将は先鋒もしくは中堅ののうち片方が勝ってもう片方が負けた際に勝たないと敗退するため場合によっては一番、重要です。状況によってはここに一番、強い選手を置く必要があります。また大会によっては個人戦の後に団体戦を行うのが多いため先鋒や中堅以上にスタミナが必要です。ただし『先鋒と中堅で勝つ』という戦略を考えている場合は一番、弱い選手を置いても良いですが、前述の状態(先鋒と中堅のうち片方が勝ってもう片方が負ける)で大将が負けると敗退するため勧められません。

  
  最後に、今回のを書くのに当たってある選手が『大将に就きたい』と述べた際に『大将が一番、楽だから』という理由を聞いて怒りや憤りを感じるとともに『大将が一番、重要なポジションだ』と述べたくて書きました。また『団体戦におけるよくある勝ち負けのパターン』でも書きましたが『最初から相打をして大将で勝とう』や『先鋒と中堅は引き分けをして大将で勝とう』や『先鋒が勝った後は中堅や大将は相打にするのが良い』に対しても疑問(場合によっては無知)を感じるとともに怒りや憤りを感じて書いた次第です。団体戦(少なくともスポチャンの団体戦)では『勝ち負け』が基本であり相打や時間切れなどによる引き分けは『負け』と同じなためすべきではないです。



今回は以下のサイトを参考にしました。

剣道中毒

なお今回は『剣道の団体戦!各ポジションには重要な役割があった!!』』を参考にしました。それと『剣道中毒』のトップページから入った際にはカテゴリのうち『試合関係』から入ると見つかります。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる