FC2ブログ

群馬県大会  レポート

この所の体力低下と仕事が忙しい中、何とか素振りをするなどで調整をしてきた。ただ、正直な所、調整不足が否めないのだが…。もっとも予定の時間よりも早く目が覚めてしまうのがこの後で多くの種目で1回戦敗退となる原因なのだが…。

  開会式が終わり、大会の2週間ほど前にN県のY先生と模範試合を行う、という話を受けて行った。なおY先生が短刀を使う、という話を受けて私も短刀で行いたかったが会長やY先生の助言や私自身、「Y先生が短刀なら小太刀で行う」と考えていたため小太刀で行った。模範試合ながらもY先生の実力をたっぷり受けたものの私自身、「Y先生には華を持たせて良かった」と感謝している。

補足
  今思うとY先生に対しては長槍や長巻で行いたかったがそれらではY先生が大変なためあえて小太刀を選んだ。

  最初に県内の大会、ということで小太刀と長剣のいずれかを選ぶ(詳細は補足で述べる)、ということで長剣を選んだ。しかし駐車場を確保するため朝早くに来た(駐車場の確保をする関係で朝早く起きないといけない上に前日は緊張による睡眠不足が原因)のが仇になってしまい、1回戦で敗退した。

補足
  今回は時間などの関係で県内の大会でも小太刀か長剣のいずれかを選ぶ(以下、オープン大会でもどれかを選ぶ、というのが多かった)。

その次はオープン大会、ということで小太刀基本動作の種目に参加するも優勝候補に当たったためここでも1回戦で敗退した。
その次は小太刀か長剣を選ぶ、ということで県内の大会では長剣を選んだので小太刀を選んだがここでも調子が悪く1回戦で敗退した。
その次は盾小太刀か盾長剣のいずれかを選ぶ、ということで盾長剣を選んだがここでも調子が悪く1回戦で敗退した。
  最後に長さが100センチ以下と160センチ以上の得物のどちらかを選ぶ(カテゴリの詳細は補足2で述べる)で当初は棒にしようかと考えたが二刀と盾長剣と長槍と棒と長巻がいっしょになっていたため長槍を選ぶはずだったが1回戦の対戦相手が長巻なのを受けてやむなく長巻を選ぶことにした。1回戦は運良く突破したものの、その次の2回戦の対戦相手が長槍だったので「失敗した!」と感じたが何とか突破した。
しかし準決勝では対戦相手が二刀だったので「勝てる!」と感じたもののこの辺りになって調子が悪いのが出て来てしまいここで敗退した。それだけでなく3位決定戦でも対戦相手が二刀だったもののここでも敗退して敢闘賞となった。

補足2
使う得物のカテゴリは次の通り。
100センチ以下は覚えている限りでは短槍、小太刀、長剣両手のいずれかを選ぶ
160センチ以上は二刀、盾小太刀、盾長剣、長槍、長巻、棒のいずれかを選ぶ


  調整不足の中、最後の得物自由で辛くも敢闘賞に入賞したものの、やはり「素振りをしっかりしておきたい」というのは強く感じた。そればかりか『下半身の強化』も必要だ」というのを強く感じた。少なくとも「『仕事がトレーニング』にはならない」というのは一番、強く感じた。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる