FC2ブログ

金曜日の練習(杖(じょう)の形を習う)

  今日は休みのため時間になったのですぐに練習に向かった。
準備体操と突き蹴りを行うと道場の先生とAさんとJさんは別の場所に向かうため途中で抜けると会長とSさんと私で練習を行うことになった。しかしSさんメインで練習を行うと突き蹴りの練習が高度になる(Sさんは二段の練習になるため私の方が大変)とともに私の方をメインにするとスポチャンではSさんが大変(スポチャンでは私が上になるためSさんが大変)なのを受けて杖の形の練習を行うことになった。実際には突き蹴りの形を杖で行うのだが思っていた以上に難しいためうまくできなかった。途中、スポチャンの基本動作の動画を見る事になったがそこでは全日本選手権大会での模範演武、ということで棒と二刀と小太刀と短刀の基本動作を見た。
ただ、棒の基本動作を見て「杖の形と棒の基本動作はかなり違う」となったが。
次に別の杖の形を行ったがこちらは会長が動きを忘れていた(とはいえ、途中で形を思い出したり、形の動作が書いてある紙を見つけたため会長の方はうまくできたが)のに対して動きが一部、分からないためうまくできなかった。
  最後は突き蹴りを行って終わった。

木曜日の練習

残業を3時間半行い(応援に向かった場所だけでなくいつも勤めている場所でも遅く終わった上に、片付けを行った際には『練習に行くのは無理』と感じたものの気がつくと終わっていた)、大急ぎで練習に向かった。

  練習場所に到着すると既に子供の部の練習は終わっていて大人の部の練習が始まる寸前になっていた。そのため大急ぎで着替え(いつもは道着のズボンとアンダーシャツとTシャツと公式ウェアを着るのだが、道着のズボンが擦れて小さい穴があちこち開いているためジャージのズボンを穿いた上でアンダーシャツとTシャツと公式ウェアを着た)から軽く準備体操をしてから加わった。

  最初に小太刀の練習から始めたがいつも通りに行いつつ途中で上段の構えを行った(その際にUさんなどの年上の方には『失礼します』と述べた上で上段の構えを取った)がそこそこうまくいった。長剣の練習でもいつも通りに行いつつ途中で上段の構えを取ったがこちらもそこそこうまくいった。

  最後は得物自由を行った(通常は二刀の後で得物自由を行う)のを受けて長巻にしたがHさん親子に対してはうまく打つ事ができなかった。

金曜日の練習

人事異動の関係で金曜日が休みになったため時間までゆっくり(ただし夜の3時ごろに目が覚めてしまったので何回か仮眠を取ってからだが)してから練習に向かった。

  準備体操と突き蹴りの練習を行い、それから『Aさんシフトでの練習』ということで投げの形を行った。もっとも投げの形では「今までは表ばかりしていたので裏の方(裏と表は補足で述べる)で行う」となったが今までは表で行ったためうまくできなかった。

補足
  簡単に述べると『表』は右手や右足を前にするのの対して『裏』は左手や左足を前にするのが違い。今まで行って来た突き蹴りの形や投げの形などは表がメインのためそちらに慣れているため。

  投げの形が終わってスポチャンの練習となったが回り稽古ではAさんに上段の構えを取った(それで失敗したのは『失礼します』と言わなかった事だが)がかなり良く打っていた。もっとも練習試合でAさんと行った際に上段の構えを取ったが相打を多くしてしまい、なかなか終わらなかった。

補足
  今思うと上段の構えは『攻撃一辺倒』で防御ができない(少なくとも、私自身、上段の構えは剣道の上段の構えと同じく『全てを捨てて打つ(実際には『防御よりも攻撃を最優先』)』意識で行っている)ためスポチャンの本来の姿勢である『打っても打たれない』を無視している上に年上の方には『上段の構えを取るのは大変、失礼』と述べたので会長はそれを諌めるために私が先に打った後でAさんが打ったのを認めて相打ちにした、と考えている(ただし会長はそう考えているかどうかは分からないが)。なおこの時の練習試合では上段の構えをしていると防御ができないと分かったため最後は上段の構えを止めて普段の構えに戻した。

最後にAさんのリクエストで段を取得した際の突き蹴りの形を行ったがうまくできなかったが最後の方に行う突き蹴りはいつもしているためうまくできた。

木曜日の練習(Tさんがやって来た)

残業を1時間行ってたが勤めている場所とは別の場所での仕事をした関係でスムーズに練習に行く事ができなかった。

補足
  別の場所での仕事が終わった後で向かった際には比較的分かりやすい道なのでそこから向かったものの、道が混雑していて早く練習に向かうことができなかった。

  練習では基本的は打ち方をしているがR君やr君はうまくできていたのに対してJ君はうまくできなかった(もっともJ君は初心者なのでうまくできないのは無理もないが)。打ち方の練習が終わったあたりからTさんが来たのを受けてミット打ち(ただしTさんは参加していない)や流水受打を行ったりするなどをして練習試合を行った。
練習試合では私はうまく打つように誘う打ち方や「『引き立て稽古』と『かかり稽古』を意識した」上で行ったがJ君はここでもうまくできなかった。なおR君やr君は普通に行った。それに対してTさんは普通に打っていた。

  子供の部の練習が終わって大人の部の練習になったがTさんが練習に加わるのを受けて予備の面を探したが持って来ていないため慌てるも『面が割れたらまた修理しよう』と切り替えて考えた。またY君やUさんが来たことでかなり楽しかった。もっともHさん親子が来なかったのは本当に残念だが。
小太刀や長剣ではTさんに対して上段の構えをしたがなぜか良く打つ事ができた。もっともUさんにはあまり良く打つ事ができなかったが。なおY君にはうまくできた。二刀でもTさんには良く打つ事ができた。
最後に得物自由で私が長巻にしたのに対してTさんは長剣で行ったがかつてTさんがいた時は散々、打たれていたが今回はそこそこ打つ事ができた。長槍ではY君と行ったがこちらもうまく突いた。
練習が終わってTさんと道場の先生とで話をしていた際にTさんは「1週間だけ滞在する」とのことだったが残念な事に「あと4日ほどで勤務地に戻る」とおっしゃっていたため「来週は来ない」とのことだった。

火曜日の練習(新しい方が来た)

  残業を1時間半ほど行い、それから練習に向かった。
子供の部の練習はほとんど終わっていて来た際には合戦を行っていた。それを3回、行ってから試合(実際には回り稽古)を行った。その間、私が小太刀から長槍の基本動作を行った間に新しい方が来た。

  子供の部の練習が終わると新しい方(以降、Tさん)との話を道場の先生としてから練習を始めた。Tさんは『過去に剣道をしていた』のと『バスケットボールをしていた』ということもあって身長が高く、実際に練習をして見て「身長が高いのはこれほどまで『強み』になるとは」と感じた。もっとも初めて行うこともあってうまく打つ事ができなかったが、私は「うまく打つ事ができるように」と誘導するようにしたが癖などでTさんの打ちを受け止めてしまうとともにとっさに打ってしまうのがあった。一方、道場の先生と行った際には剣道の打ち方でしていたため最後の方ではお互いがかなり本気になっていた。
最後はいつものように扉を閉めて鍵を返して帰った。

金曜日の練習

残業を1時間半ほど行った(通常の仕事が終わった後で仕事場のレイアウトを変更をする関係で遅くなったのが原因。それがなかったらもっと早く帰る事ができたが…)が今回は車に道具を積み忘れていたため一度、自宅に戻ってから練習に向かった。

補足
  あらかじめ道具を車に積んでおけば仕事が遅くなった(ただし練習が終わる時間まで時間がかかったり明らかに間に合わない時間まで行った場合はダメだが)際に練習に向かう際にスムーズに向かう事ができた。
なお当日の朝に道具を積んでおこうか迷った際に「仕事が終わっても金曜日は早く終わる傾向があるので大丈夫」だと考えて積まなかったが失敗した。

 
 準備体操と突き蹴りを行うとミットでの突き蹴りを行ってから投げの形を行った。もっとも最初に行った投げの形は何回も練習をしてたのでうまくできたがその後の形はうまくできなかった。  
次にグローブを着けての突き蹴りを行ったがこちらもうまくできなかった。
  最後にスポチャンの練習を行った。最初に小太刀から行った(ただし回り稽古だが)際にこちらは慣れているためうまくできた。しかもAさんが来ていたので上段の構えから打つのを行った(その際に「失礼します」とともに「構えを変えます」と述べて上段の構えをする際に年上の方に対して行う失礼(場合によっては無礼)を詫びるべく述べた)。もっとも練習試合では審判をしたもののうまくできなかった。なお会長やO先生や道場の先生には上段の構えをしなかったのを断っておく。
最後に突き蹴り(もっとも最初にはAさんのリクエストで行ったのは習っていないためできなかったがいつも行っているのはできた)を行って練習は終わった。

火曜日の練習

残業を1時間、行ってから練習に向かった。
子供の部の練習では避けてから打つ練習をしていたが途中で加わった。もっとも私の背では高過ぎるため片膝立ちで行った。ただ片膝立ちでは膝にニーパッドがあれば良かったのだが忘れていたためかなり痛かった。もっともU君は背の高い人対策も兼ねて普通にしていたが。

補足
  幼稚園児などの背の低い相手をする場合には大人の背では高過ぎるため膝立ちをするか脚を前に出すなどをして背を合わせると良い。

  小太刀を行った後で道場の先生が長剣と盾を持って来たのを受けて長剣と盾小太刀と小太刀で練習を行った。なお私は片膝立ちをした上で長剣をそのまま使うと有利になるため左手は柄頭、もう片方は長剣のラベルがあるあたりを持って行った。もっとも最後に道場の先生と当たった際には慌ててグローブを着けたが。

  子供の部の練習が終わって大人の部の練習になったで最初に小太刀の練習をしたがそこでは自発的に打たずに向こうかか打って来たのを受けて打ったり(若干『後の先』で打っている)してそこそこ打つ事ができた。長剣でも同じようにして行ったが棒や長巻では気がつくとこちらか打っており逆に散々、打たれた。
大人の部の練習が終わると鍵を返して自宅に向かった。

金曜日の練習

残業を行わず(もっとも練習が始まるまでかなり時間があるため床屋に行ったものの疲れから眠ってしまったが)、練習に向かった。

  練習では道場の先生が「先週は負けたので今日は勝つ」とおっしゃっていたのを受けてスポチャンの練習を行う事になった。
いつものように準備体操と突き蹴りの練習を行ってからグローブを着けての突き蹴り(実際には乱取り)を行った。その際に私はかなり本気になっていたのに気がついた。それに気がついたこととして、会長に突きを入れた際にかなり力が入っていたので慌てて後ろに下がった。

補足
  グローブを着けているとはいえ突きは軽く当てる程度、蹴りも当てないようにしているが…。

  グローブを着けての着けの突き蹴りを終えると今度はスポチャンの練習となったがこちらはいつもしているためやりやすかった。最初に小太刀から始めたが先週「偉い人には上段の構えをしない方が良い」と述べたのを受けて上段の構えをするかどうか迷ったものの、やむなく会長に上段の構えをした(本当ならAさんにする予定だったが来なかったため)が私の方は迷いから打つ事ができず、散々、打たれた。なお小太刀の練習が終わった際、会長に上段の構えをした事を謝った。また練習試合を行ったがそこそこ上手にできた。

補足(2017年3月31日の『金曜日の練習』を参照。今回は要点を述べるに留める)

  上段の構えをする際に、
⒈偉い方や目上の方や年上の方などの『自分よりも上の方』に対して上段の構えは行わない(むしろ上段の構えは大変、失礼にあたる)。なお会長に謝ったのは先週、『上段の構えは偉い人や目上の方などに取るのは大変、失礼』と述べただけでなくこの理由による。
⒉上段の構えを取っても『取っただけで終わる』は『かかし上段』と呼ばれる(それどころかバカにされてしまう(現実的には『揶揄』が適している))。
⒊後輩や年下などの『自分よりも下の方』には優しく行う(優しく行わないと『いじめ』と変わらなくなる。実際には上段対策として行うのが良い)。

  小太刀の練習が終わって長剣の練習試合を行ったがこちらもそこそこ上手にできた。ただ、私が持っている長剣は空気が抜けやすくなっていて、会長は「『鞭みたいな打ち方』になっている」とおっしゃった際に私は「空気が少し抜けている」と述べた。もっとも会長は「打つ際に長剣がまとわりつく巻きつくようにな打ち方になっている」とおっしゃったが。
最後に突き蹴りを行って練習は終わった。もっともAさんが来なかったのは本当に残念だが。

木曜日の練習

残業を行う事なく(残業を行わずに済んだものの目標の時間までにできなかったのは悔しいが)そのまま練習に向かった。

  練習では新しく来ていた生徒と練習をしていたが一度、経験していることもあって上手にできていた。もっとも見学している生徒もいたがこちらは初めてのためうまくできなかった。
その次に練習試合を行ったが見学している生徒に対してうまく打つようしたもののうまくできなかった。

  子供の部の練習が終わって大人の部の練習になったがHさん親子が来たものの今回は「二刀の練習では盾長剣にしないで二刀で行おう」と考えていた(Hさん親子のうちご子息は二刀の練習では盾長剣にしているため必要に応じて盾長剣で練習をしておきたいため)。また前橋大会や去年の玉村大会の準決勝以降、「上段の構えをしていない」のに気がつき「上段の構えを多めにしてみよう」考えていた。

補足
  上段の構えができるのは打突の部のみで小太刀基本動作はできないので注意(その理由としては基本動作のため中段に構えているため)。また長巻では振り回しやそれによる負傷などを防ぐため上段の構えはできない。同様に長槍や短槍でも突きだけしかできないため上段の構えを取る事ができない中段に構えるのが無難)。棒も振り回しによる負傷を防ぐため上段の構えは推奨しない(ただし上段の構えは可能)。

  小太刀ではUさんやHさん親子にはかなり打たれていたもののそこそこ打つ事ができた。もっとも上段の構えを取った際にはうまくできなかったが。
長剣でもそこそこ打つ事ができたのに対して上段の構えではあまり良く打つ事ができなかった。
二刀では上段の構えを取っていた疲れが出て来た関係で腕の動きが悪くなって来てしまいかなり打たれていた。
最後に得物自由では長巻にしたがこちらもあまりうまくできたとは言えなかった。

練習が終わって腕や手のひらが少しだけ痛くなっていた。上段の構えを多めにした事で「仕事ではあまり使わない筋肉を多く使ったり、仕事で使っている筋肉も多く使ったな」と強く感じた。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる