FC2ブログ

火曜日の練習

残業を1時間行い、それから練習に向かった。
練習ではいつものように小太刀基本動作を行うがr君が道場の先生の話をなかなか聞かないの見て「これじゃあ、大会に出たらすべての種目を1回戦で敗退して『もう辞める』なんて言うのかな」と悩みながら見ていた。もちろん先週の練習で道場の先生から話を聞いた上でだが…。
小太刀基本動作を終えると道場の先生は打突の種目に備えるべく面白いテクニックを教えた。とはいえいずれもかなりシンプルだが(なお詳細は真似をするの防ぐため伏せる)。もっともテクニックを見て先週、道場の先生が『楽しめれば良い』とおっしゃったのが何となく分かって来た。

子供の部の練習が終わって大人の部の練習となったが最初に小太刀を行った。とはいえ、気が向いたらスクワットやカーフレイズを行っていることもあってそこそこ動けていた。長剣でもそこそこ動けていたが。しかし大会の種目に『得物自由』のショートの部の練習、ということで最初に盾小太刀を行ったがこちらは互角だったのに対して短槍では散々、打たれたものの、長剣両手ではなんとかうまくいった。
その次にロングの部の練習、ということで私は長槍、道場の先生は二刀で行った(本来なら私は長巻を使う予定だが大会では長巻は使用できない、とのことだった)。もっとも最初に繰り剣をしたたこれでは私が有利になるため繰り剣をしない、もしくはそのまま突いたのでは届かない場合は少しだけ繰り剣をしたがこちらは私が思い切り不利になり、散々打たれた。

木曜日の練習

残業を行わず(いつもいる人が休みのため終わりの頃はかなり大変だった)に練習に向かった。
 練習ではいつものように小太刀基本動作を行ったが久しぶりに生徒の見本として行ったが剣先が震えるなど、細かいところうまくいかなかった。
その次に流水受打ではR君の動きがメチャクチャでうまくできずかなり疲れたもののr君やS君ではかなりやりやすかった。
その次は連打(道場の先生は『切り返し』)行ったがここでもR君は動きがメチャクチャだったのでやりづらかった。
最後に練習試合を行ったがここでも金曜日の練習で行っているのを試したもののR君では効果なく(むしろ動きなどがメチャクチャな上に後ろに下がるのが癖のため試しても無駄になった)かなりやりづらかった。r君や君はうまくできた(もっともr君は振りが同じなため違った事をしてもうまくいかなかった)。
 子供の部の練習が終わってから大人の部の練習になったが小太刀だけでなく長剣や二刀でも動きが悪くかなり打たれていた。
ただ、最後に行った得物自由では最初に長巻を行ったがそこそこ打つ事ができたのに対して長槍では散々、打たれていた。とはいえUさんが短槍をしていたので教えたがこちらはUさんがあまりしていないため上手にできた。

火曜日の練習

残業を1時間してから練習に向かった。ただ道場の先生は仕事が終わってすぐに来たため準備体操と小太刀基本動作を教える事になった。
小太刀基本動作ではうまく教えようとするあまり、力が入ってしまいうまく教える事ができなかった(特にr君(後述のR君と区別するためこの表記)真面目にしないため怒りそうになった(後で道場の先生から話を聞いた際には納得したが)。もっともE君やY君も上手にできたとは言えないが(個人的に『上手にできた』と感じるのはAちゃんやR君だけだが)。
やがて道場の先生がご子息たちを連れて来たあたりで小太刀基本動作の練習を終えると今度は練習試合(実際には地稽古)を行った。人数の関係でR君やAちゃんと行ったがこちらはうまくいった。
子供の部の練習が終わって道場の先生と練習を行ったが小太刀では体が冷えていたためうまく動けず散々、打たれたが長剣や棒では逆に動けていてかなり打っていた。
道場の先生との練習が終わってご子息の小太刀基本動作を見た後で自宅に戻った。

今年(2017年)最初の土曜日の練習にお邪魔する

    幸いにも土曜日が休みなのを受けてO道場の先生が隣の市の体育館を借りた(本来なら武道場を借りるはずが耐震工事を行っている関係で体育館を借りた、とのことだった)と言う話を聞いて練習にお邪魔することにした。
  練習では道場の先生のご子息だけでなくU君やY君などのいつものメンバーに加えて新しく来た生徒もいた。ただAさん親子は来なかったのは本当に残念だが。ただ借りた場所が広過ぎた(体育館の3分の1だけ借りたものの、それでもかなり広かった)のは私でも十分に感じた。
  準備体操を行うが、いつもなら小太刀基本動作をするのだが新しく来た生徒がいる関係で道場の先生は礼や構え方を教える事になった。
その次に道場の先生が避け方を教えたがそこでは『反り身避け』や『屈み避け』や『引き足避け』や『足上げ避け』や『飛び切り(避け)』などを教えたものの、基本とは違ってすべて扇打でしたのを受けて疑問を感じたものの、すぐに『教える関係だな』と理解した。もっとも『引き足避け』では前足を後ろ足まで下げているのを見て『下げ過ぎ』だと感じて道場の先生に質問したが道場の先生は「足打ちでは足首ではなく膝の下辺りを打つのが多いので、考えがあって(その対策として)行った」との事だった。

補足
基本の避け方では『反り身避け』は回打、『屈み避け』は胴の掬打、『引き足避け』と『足上げ避け』と『飛び切り』はいずれも足(正確には足首)の掬打で行う。
また『足引き避け』は後ろ足よりも下げると前に出るのが遅くなるためそこまで下げない。

  その次に小太刀での試合(実際には地稽古)を行ったがそこでは金曜日での練習でYさんで行っている練習をしたがあまりうまくいかなかった。むしろ避けるのをしようとしても避けずに当たってしまうためだった。とはいえ道場の先生との練習では体が暖まっていないため散々、打たれた。

  次に長剣での練習を行ったが生徒には長剣が長過ぎるため道場の先生は上から下に振り下ろすのを教えていた。その後ですぐに試合を行ったもののここでも金曜日での練習を行ったがやはりうまくいかなかった。ただ道場の先生との練習では体が暖まって来たこともあって逆にかなり良く打っていた。しかも最後には上段の構えをしていた。

  長剣の練習が終わって休憩になってから小太刀基本動作を教えることになったものの、何故か全員、参加していた。道場の先生は小太刀基本動作を教える際にいつものように教えていたがやがて見本として私が小太刀基本動作を行うことになったのを受けて行った。

最後に合戦を行ったが意外な事にU君以外で結束してU君と戦うがこれはうまくいったものの、途中で裏切って結束を破ってしまう、というのがあった。

合戦が終わったあたりでちょうど時間になり、練習が終わって自宅に戻ることにした。

今年最初のS道場での練習

残業を1時間行ってから練習に向かった。しかし会長や道場の先生は新年会に出席した関係で練習はO先生が代わりに行った。練習ではJさんとYさんと私だけだったので少し寂しい練習になった。
準備体操こそ去年と変わらないが突き蹴りの練習はいつもとは違っていたため少しやりづらかった。
突き蹴りが終わってから突き蹴りの形や投げの形では行っていくうちに段々、思い出して来たので助かった。投げの形が終わってからスポチャンの練習を行ったが最初に小太刀基本動作を行ったがYさんもJさんもうまくできなかった。もっともYさんもJさんも小太刀基本動作はあまりしていないためだが…。
次の打つ練習を行ったがその際にこちらが打つのを受け止めてから打つ、というのを行ったがYさんはかなり上手に打っていたのに対してJさんはスポチャンをほとんどしていないためうまくできなかった。また、途中で会長と道場の先生が来た際に会長から「扇打の練習を行って欲しい」という話になったのでそれを行ったがその際に「小太刀を自分の胸につけてから手首を返してから胸に小太刀をつける」というのを行った。ここでもYさんはうまくできた(最初こそ手首の動きが左右ではなき上下に動かしていた)がJさんもうまくできるようになった。最後にYさんとJさんで練習試合(5本勝負、3本先取で終わり)行った(その際に私は審判を行った)がYさんは余裕があったのに対してJさんはあまり余裕がなかった。
途中、Aさんが来たのでAさんは形の練習をしていたものの練習が終わったのでAさんも練習試合を行った(ここでも私は審判を行った)がAさんとJさんで行うとJさんが厳しいのでYさんと行った。とはいえAさんは激しい動きの中、Yさんと良い勝負をした(お互い、2本づつ取った)が最後はYさんが勝ったものの、Aさんはかなり疲れていた。今思うと、私とAさんで練習試合をすべきだった、と強く感じた。

今年(2017年)最初の練習

残業を1時間で終えるとすぐに練習に向かった。練習場所に到着すると既に電灯が点いており、急いで中に入った。中では道場の先生とご子息、さらにはY君やU君に加えて去年、道場の先生のご子息が通っている幼稚園の生徒のy君(Y君と区別するためこの表記とする)が来ていた。後からAちゃんやR君やEちゃんなども来てかなりにぎやかになった。
最初に小太刀基本動作を行う(その際に道場の先生と見ていたが)がご子息やU君やAちゃんはかなり上手に出来ていたがy君やEちゃんはうまくできない(y君は初めてなのでできないのはともかく、かなり慣れているEちゃんできないのは…)でいた。
その次に短槍を行ったが初めて行う事もあり長剣になっていた(具体的に言うと片手で振り回したり、片手で突いていたりとかなりひどかった)のは残念だった。さらに付け加えるなら突きを避けるのも教えた方が良かった、と強く感じた。
最後は得物自由、ということで二刀と盾小太刀と長剣(長剣フリーと長剣両手)を行った。もっとも初めて行う事もあって楽しいな、感じたが多少は「危ないな」とも感じたが。

子供の部の練習が終わって大人の部の練習となったが年末から年始にかけて素振りなどをしていないのが仇になりあまりうまくいかなかった。もっとも道場の先生も同じような状態のため結果としてそこそこうまくいっていた。ただ、棒や長巻は道場の先生との練習だけでなく素振りもしないといけないな、と強く感じた。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる