FC2ブログ

火曜日の練習

いつものように残業を2時間(いつも通りとはいえ早く残業が終わって欲しい)を行うと練習場所に向かった。もっとも安全資格証(『スポチャン関係に関する注意(カテゴリでは『注意(スポチャン関係)』)を追加しました&槍(長槍&短槍)と棒と杖と長巻と短刀は安全資格証が必須になるようです』参照)の件で道場の先生と相談しなくてはならないため行かなくてはならないが。
練習では先週の復習(先週の練習は残業の関係でどういった練習をしたか不明(先週の『火曜日の練習』を参照))ということで『面打ちを避けて足打ち』を行ったり長剣を斜めに振って受け止める練習を行ったが私自身子供には思っていた以上に高度な練習だと強く感じた。いつものようにEちゃんはうまくできていないのに対して道場の先生のご子息やR君やAちゃんは何とかできたのに対して母親は私が見て「なんでうまくできるんだ?」と驚くほどできていた。ただ途中でR君が練習を止めたのは困ったが…。
子供の部の練習が終わると大人の部の練習となったが最初に小太刀を行うも体が温まっていないため動きが悪かった。それに対して長剣はそこそこ(それでも動きは良いとは言えない)だったのに対して長巻はかなり動けていたが道場の先生も『いつまでもやられっ放しではない』ためなかなか打てないばかりかかなり打たれていた。最後に長槍を行ったがこの頃になって疲れがで始めており、うまく突きを放つことができなかった…。

月曜日の練習はなし…

いつものように残業を1時間半(しかも終わる間際に応援に行くことになったのは不満(もっとも残業が2時間でないのは助かったが))先週の月曜日の練習で思っていた以上に動けていたのと木曜日の練習を休んだのを受けて練習に向かおうと(前日に『練習に行きます』というメールを道場の先生に送った)したが『子供の部の練習ができないため中止』というメールが入ったのでやむなく自宅に戻った。しかも練習がに行くことができないため素振りをしようとしたものの雨が降ってきたのはかなり痛かった…。

スポチャン関係に関する注意(カテゴリでは『注意(スポチャン関係)』)を追加しました&槍(長槍&短槍)と棒と杖と長巻と短刀は安全資格証が必須になるようです

ケンダイです。スポチャンをする際に注意すべき事があるのを受けて『注意(スポチャン関係)』のカテゴリを追加しました。
今回は槍や棒や長巻などの長物を使っている方や短刀を使っている方に対しての注意喚起として述べる事として、今後、槍(短槍、長槍のいずれも)、棒や杖、長巻、短刀に関しては『安全資格証』がないと大会の参加ができなくなる、との事、のようです。詳細は分かっていないため何も言えませんが段位だけでは大会の参加ができない、というのだけは理解して下さい。

金曜日の練習

今回は残業を1時間(明日が休みなのはうれしいが隔週ではなく毎週、週休二日にして欲しい)、行い、自宅でそこそこ休憩をしてから練習場所に向かった。なお練習場所では大人の部の練習が始まる前に久しぶりに木刀の小刀と大刀で基本動作を行ったのだがなかなかできないためかなりうれしかった。
練習では今回もAさんが年内に初段を取る、ということで『Aさんシフト(以降、この表記)』で行うべく準備体操と突き蹴り、さらには拳法の形を行った。その際にまたもや「この受け方は二刀で使える」というのがあった。ただ、時間の関係で投げの形は一つだけ行うとスポチャンの練習となった。幸いにも先週の練習と違って投げの形では二人だけで終わった。
スポチャンの練習では最初に小太刀基本動作を行ったが『面を打て』ではいつもの癖である『面を打つ位置が高い』が出てしまった。
その次に小太刀の練習試合となったが『R君が10勝するまで』ということで行った。ただR君の相手は大人のためかなかなか勝てないでいた。もっとも私の番では最初こそ普通に構えたものの途中から勝てるようにと、上段で構えていたが。
また相手をするだけでなく審判の練習を行ったが思っていた以上に打った部位とかが見えていた。
その後小太刀ではR君は8勝していたものの時間の関係で長剣を行ったが私は最初こそ長剣を上に立てての構えをするも残り2回は上段の構えを取った。その際に覚えている事としては上段の構えから打つ際に右から左に水平に打つ、というのをしたのを道場の先生が『良く分かった!』とおっしゃっていたものの上手く打つ事ができなかった。

木曜日の練習を休む

今回は残業を1時間半行ったものの、週6日では体力の関係でキツイ、という事を述べたものの「週6日でないとダメ」のことだったので精神的なダメージがありやむなく休む事にした。もっとも木曜日になると疲れがかなり出て来る傾向があるため先週、道場の先生に『疲れが出てやすいため木曜日は休む事がある』と述べておいたのでこの点もあって今回は試験的に休みにした。

火曜日の練習(あまり多くできなかった…)

残業を3時間(一人、休んだ関係だが残業を3時間もするのは体力の関係で勘弁して欲しい)した関係で疲れがかなり出てしまい、また向かったのが遅かったため子供の部の練習は何をしたのか分からず、気がついた際にはトーナメント戦形式の練習試合となった。しかも対戦相手は道場の先生のご子息だったので勝てるようにしたので一回戦で敗退した。
子供の部の練習が終わると大人の部の練習となったが小太刀では疲れが出ていたため思うようには打てなかった。その次に長巻の練習となったがその際に母親に長巻のことを述べたのを受けて実際に打たせて見たが慣れていないたうまく打つ事はできなかった。
母親が打つのを終えると道場の先生で長巻の練習となったが道場の先生は慣れてきていて私が一方的に打つ、というのがなくなりつつある、というのを強く感じた。

月曜日の練習

残業を1時間だけ行って(むしろ定時に終わらないのは納得がいかないが)自宅に戻って(その際に買う物があったのでかなり遅くなったが)少しだけ休憩してから練習に向かった。
練習の場所に到着(ただし疲れがあったので練習場所に到着した際には20分ほど仮眠をとった)した際にD君と彼の所属するサークルの部員が来ていたのを見て驚いた。
練習ではD君と部員とは別にTさんが来ているため最初にTさんと練習を行った(なおD君たちは別に練習をしていた)。最初に小太刀の練習を行ったがかなり良く動けていた(木曜日の練習ではかなり疲れが出ていて動きが悪い、というのを強く感じた)。長剣や二刀でも同じように動けていた。ただ小太刀や長剣や二刀では途中で上段の構えをしたためかなり疲れたが。最後に得物自由、という事で私は槍なのに対してTさんは盾長剣で行ったが突きが思っていたよりも入らなかった。

Tさんとの練習が終わり、D君たちも練習が終わったのを受けてD君たちで小太刀と長剣と二刀の練習を行ったがTさんとの練習で上段の構えをした事による疲れが出てしまい、かなり動きが悪かった。
練習が終わると翌日の事を考えて早目に帰った。

金曜日の練習

乗っている車の定期点検をする、という事でやむなく残業を1時間だけ行う(正直な所、週6日の勤務は年齢と体力を考慮しても無理。週5日の勤務の上に定時で終わる、という契約を無視(むしろ破棄同然)するのは勘弁して欲しい(水曜日以降、やむなく薬を飲んで何とか動けるようにしたが、薬を飲んでまで仕事をするなら辞めて家でゴロ寝した方がマシ)と乗っている車をディーラーに預けてから少しだけ自宅で休んで(正直な所、休んだとはいえない)から練習向かった。
練習ではAさんが初段を取る、という事でそれに向けての練習だが当のAさんは道場の先生が仕事をしている接骨院で施術をしていてなかなか来なかった(もっともスポチャンの練習は拳法の練習と次に行う、というのを理解したが)。そのため先に準備体操と突き蹴りを行ってから突き蹴りの形の練習と投げの形の練習を行った。ただ投げの形を行った際に誤って力で行ってしまい失敗(幸いにも怪我はなかったが)投げの形の練習から外れる事になった。その途中でAさんがやって来たのでようやくAさん中心の練習なった。とはいえAさんは投げの形ではかなり上手に行ったの見て「なかなか侮れない」と強く感じた。

Aさんが投げの形が終わるとスポチャンの練習となったが最初に小太刀基本動作を行った。そこでは審判講習会で習った事を意識して行ったものの、覚えている事として『面を打て』では面よりも少しだけ高い位置を打っている、のに気がついた。
その次に打突の練習と、という事で練習試合となったが最初に小太刀で行った際にR君と行ったが私の方はかなり打ったのに対してR君には2回ほど打たれた。その次にAさんと行いAさんに3回ほど打たれた。その後で他の方と交代した。
その後で長剣を行ったがそこではR君には打たれなかった。また長剣では審判を行ったが副審を行ったAさんとO先生とは何回か判定が合わずやむなく有効にする、というのがあった。

木曜日の練習

残業を2時間ほど(早く仕事が終わったものの他の応援で残業する事に)した後で練習に向かった。もっとも当初は練習を休もうかと考えたが前日に飲んだ薬で疲れが多く溜まらず済んだため出ることにした。

到着した際に少しだけ休むと 練習に参加したがそこでは長剣で胴打ちに対して小手を打つ、というのを行ったが扇打に対して裏の小手や掬打に対して表の小手打ちは簡単だったが逆の打ち方はかなり難しかった。

補足
『表』は右側、『裏』は左側、となっている。

その後で練習試合となったがいつものように『引き立て稽古』と「掛かり稽古』の要領で行うも気がつけばこちらから攻めていた。

子供の部の練習が終わると大人の部の練習となったがいつもなら疲れがかなり溜まって動きが悪くまってしまうのだが今回はそこそこ動けていた。いつもならTさんやMさんやHさん親子には毎回打たれているのに対してそこそこ打っていた。とはいえMさんには毎回打たれているが。ただ惜しむべきは時間の関係で得物自由がないことだが…。

火曜日の練習

今回も残業を2時間(早く終わる、と思っていたのが意外と時間がかかったものの、予想できていたのでそんなに不安にはならなかった)した後で練習に向かった。もっとも道場の先生とご子息だけしか来ていないため最初に道場の先生とご子息だけで練習を行った。やがていつもの親子が来たので練習をはじめた。
いつものように準備体操と小太刀基本動作を行うと扇打の練習を行った。最初に盾で打つ練習を行ったが初めて行うためEちゃんは全くできない(その原因に『手首で振る』というのをしておらず単に完全に振り回しているだけだった)のに対してご子息とR君とAちゃんは『手首を使って打つ』のができていたがよく見ると剣先で打っていないばかりか短い距離(むしろ数センチの長さで)打っていたのに対して母親は剣先でしっかり打っていたのを見て驚いた。なお余談として打つ回数を決めておいた際に10回、連続して打ったがそれをした際には腕が痛くなっていた。
その次は時間の関係で練習試合となったが扇打をうまく使いこなしていないため自分がやりやすい打ち方になっていた。

子供の部の練習が終わると大人の部の練習となったが小太刀では動きが悪く道場の先生に散々、打たれていた。その後で棒を行った際には若干、道場の先生に打たれていた。
棒の練習が終わると今度は長巻の練習となったがこちらは逆に私がかなり打っていた。最後に道場の練習がリクエストを求めてきたので長槍を行ったが道場の先生は久しぶりに行ったため私の突きはかなり良く入っていた。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる