FC2ブログ

本日は疲れが激しいため練習の出るのを断念して休む

いつもなら『金曜日の練習』を書く所だが仕事での疲れが激しいため今日は練習を休んで休養とする。本音を述べるなら練習に出たいのだが無理に出て体調を崩すのは避けたいので断念した。しかも明日は仕事があるためその事も考えて練習を休む事にした。

木曜日の練習

先週の練習で二つの長槍(一つは長槍専門、もう一つは棒と兼用)を壊してしまったのを受けて今回の得物自由では長槍にすべく練習に臨んだ。
例によっていつも使っている車が車検に出しているため代車で練習に向かったが既に小太刀基本動作の練習を行っていたため準備体操をしつつ小太刀と長剣両手と二刀と長槍と長巻の基本動作をそれぞれ1回づつ行ってから練習に入るも私の出番がないため待機していたが他の大人の方が来たため押し相撲を行った後で流水受打を行い、最後は練習試合となった。

補足
『流水受打』は簡単に述べるなら『ゆったりとした動作で行う』交互受打。ただし打つ場所はランダム(むしろ『打つ』側の意思で行うため一定の場所を打たない(一定の場所を打つと意味がなくなる))。

そして大人の部の練習では小太刀や長剣や二刀を行うが疲れがかなり残っているため少しだけ動きが悪かった。そして得物自由では長槍を行ったが長槍が壊れてしまった、という事で二刀で練習を行ったが突きが簡単に入ってしまい私自身、やりづらかった。その次に長巻で二刀を行った方ともう一度練習を行ったが今度は逆に私は散々、打たれてしまった。
同じ二刀でも長槍と長巻ではかなりの差が出てしまい「長巻は二刀に対してはダメだ」と強く感じた。

火曜日の練習

今年最後の大会が終わり来年に向けての練習、と臨んで行った。とはいえ流浪同然にあちこちの体育館を彷徨って(さまよって)は練習をする、というのが解消される、という事で練習場所に向かったがそこはかつて毎週のように練習を行った、中学校の武道場だった。やがて時間が来ていつものように練習が行われるが体操と突き蹴り(ただしキチンと行うべく一人一人見ていた)をすると先週の復習とその応用を行って練習試合を行った。
子供の部の練習が終わり大人の部の練習となるが棒では先週の木曜日の件があって棒はやりづらかった。とは言え小太刀や長剣では思っていた以上に動けていたが気がつくと相手の動きに合わせて打つ、になっていたがそればかりかこちらから打つ、のもかなりしていた。
その次に長巻では柄が長いため逆になかなか打てず、逆に散々、打たれていたが棒では相手の動きに合わせて打っていたとは言えそこそこ動けていたが。

今年最後の県内大会の後

今年最後の県内大会の後が祝日、ということでかなり助かった。前回(世界選手権大会)の翌日は疲れが残っている中だったのでかなり大変だったのに対して1日だけとはいえ体を休める事ができるからだった。しかし休むとはいえ普通の休日と代わりなく、1日中、ゴロゴロと寝ているだけだった。もっとも体力の面で外出するのには厳しいだけに寝ているのがベストかもしれないが…。

今年最後の県内大会レポート

県内の大会では今回の大会が今年最後、ということで臨んだが前日は寝るのがかなり遅かったため当日の朝から体調に不安を感じていた。また大学生の選手が来るのですべての種目で予選落ちになるのでは、とかなり警戒した。
駐車場の確保を兼ねて早く来たものの既に来ている方がいたため驚いたが。20分ほど待っていたが会場となる体育館が開いていたため中に入ってあらかじめ用意していた敷物を床に敷いたり寒さ対策にとあらかじめ持って来た電気ストーブやガスストーブ(正確に述べるならガスボンベ式ストーブ)を取り出したが取り出した後で試合場に必要な椅子や机を並べたり、試合場を作るなどの会場の設営をした。なお電気ストーブは受付で使用したがガスストーブは自分の場所で使った。
会場の設営が終わって開会式行うと最初に小太刀基本動作だがうまい具合に優勝した。もっとも決勝の対戦相手が火曜日の練習の先生とだったのは意外だが。
小太刀基本動作が終わると次は小太刀の種目だが対戦相手が思っていた以上に素早くこちらが打つ前に打たれた。
長剣では運良く小太刀の対戦相手が1回戦で敗退したので安心したが予選では何とか勝ったものの準決勝では不意を突かれて負けた。さらには3位決定戦ではなかなか勝負がつかず、最後は勝ちを譲った。
得物自由では以外にも盾長剣が多く、ついで二刀、盾小太刀は1人だけだった。とはいえなかなか侮れず、何とか勝ったのが実情だった。しかも準決勝ではしゃがんで構えている選手がいたが勝てそうだと思っていたが逆に負けてしまった。その後の3位決定戦では思うように打てずに打たれてしまった。

補足
今回の得物自由では二刀か盾小太刀か盾長剣のいずれかを選ぶ。

今回は素振りをしなかったものの、仕事で体を鍛えていたのでうまく行った、といったのが実情だった。それ以外には大学生の選手が来なかったり実力のある選手が多く来なかったのもうまく行った点の一つと言えるのではないだろうか。

金曜日の練習

大会が近い最後の練習ということで臨んだ。しかし本来の『盾小太刀・盾長剣月間』とはいかなかった。
いつものように初心者の親子が来て拳法の練習をするもかるく突き蹴りと受身、そして形の練習を行うと最初に小太刀基本動作の練習となった。しかしいざ教えると自分の感覚で教えている、というのが良く分かった。教え終わると会長たちが補足として教えているのだった。
次に練習試合を行うが最初は小太刀から行ったが最初は引き立て稽古の要領で行い、最初はこちらからは攻撃をせず当てないようにしたり小太刀に当てていたがやたらと足を打たれていた。ある程度、行っていくがやがて小太刀を当てているのに気がつくと当てに行くことにした。そのため何回かは当ててしまったもののここでもやたらと足に当たってしまった。とはいえ、終わった際に腕が赤くなっているのを見て「強く打ってしまったな」と後悔したが。最後は長剣フリー(通常は『長剣』だが今回は『長剣フリー』と表記)の練習試合を行ったがここでも引き立て稽古の要領で行った。しかし長剣を振るのが大変だと気がつくと両手で柄を握っているのを片方の手は柄でもう片方は物打を握るように教えるが振るのが大変だな、と見て分かった。
長剣の練習試合が終わるとその場の突きだけで終わった。その後で盾小太刀や盾長剣の練習、をしたかったものの先生たちが着替えてしまい出来ずに終わってしまった…。

木曜日の練習(最悪、と言っても良い日…)

今日は練習があるものの、大会が近い、と言うことを頭に入れて臨んだ。また今日は『棒・長巻月間』だが棒で行くか長巻で行くか迷っていたが今回は両方で行うことにした。しかしいつも使っている車は車検に出した関係で代車に乗っているがそれにはETCがないためいつものように高速道路を使うも使っているスマートインターチェンジが使えないため練習の場所に近いインターチェンジで降りたためいつもより時間がかかった。
子供の部の練習ではかなり遅くに参加したため基本動作の練習を2回しただけですぐに練習試合になった。とはいえ引き立て稽古にするように意識して行ったため思い切って打つ事ができなかった。
子供の部の練習が終わると今度は大人の部の練習となるが小太刀では思っていた以上に動けているのを感じた。長剣も同様に動けていたが得物自由では最初に長巻、次に棒、と行ったものの、棒では2回、練習の相手の道具である長槍を壊してしまった。1回目は棒で長槍の突きを避けようとして棒のバルブソケット部で避けた際に長槍のジョイント部にあるねじ切りの部分が折れてしまい、次に再び長槍に対して棒で突きを避けようとして長槍のジョイント部に棒のバルブソケット部が当たった事でジョイント部が抜けて(実際にはジョイント部が抜けた際に中にある管が折れた、との事らしいが…)しまった。さすがに3回も同じような事故が起こるといけないため得物自由の部の練習が終わるだけでなく時間になったため終わったが後味がものすごく悪い終わり方だった…。

火曜日の練習

いつものように練習があるがこの所、熱っぽいため調子がかなり悪いが大会が近いため悩みながらも出る事にしたが気がつけば熱っぽいのが治まっていた。
体操と突き蹴りを行うと今回は掛かり稽古の要領で右面を受けるのと右面を打つ練習や足の右側(『右足』と表記すると意味が分からなくなるためこちらで表記)を避けたり打ったりする練習を行った。それが終わると今度は練習試合となったが一人が二人づつ対戦する、というのを行った。しかしこれの欠点はかなり時間がかかるため気がつけば終わってしまい、合戦を行うとそこで子供の部の練習は終わった。しかし、子供たちが「もっと合戦をしたい」という事で大人の部で大人と子供で合戦をすることになった。とはいえ私と先生だけで行ったので子供たちはどんどん負けていくが最後は不意を突かれて負ける、というのになってしまった。
子供たちが帰ると先生と私だけで練習を行うがその中で長巻では私は普通に握ったのに対して先生はかなり後ろの方を握っていた。とはいえ私の打突は比較的良く当たっているのに対して先生の方は私よりも少なく当たっていた。棒でも同じように私の打突は良く当たっているのに対して先生の打突は当たっているのが少なかった。

金曜日の練習

『大会が近い』ということで『盾小太刀・盾長剣月間』をすべく今日の練習に臨んだ。
いつものように突き蹴りと受身などの拳法の練習を行うと最初に小太刀基本動作を行った。今回は初心者の親子(以降、『親子』と表記)が来ているため小太刀基本動作を一つ一つ、行ったが親子は『頭の上から打つ』がなかなかできないばかりか『右肩から振り回す打ち方』をしていて会長が『右肩から振り回す打ち方』を『頭の上から打つ』のに直そうとしていてかなり大変だった。それとともに私も見本として行ったが『構え刀』をする際に前足の足先が内側に向いてしまいかなり恥ずかしかった。それだけでなく『足を打て』では30秒ほど同じ姿勢を保とうとしたが私は何とか耐えた(とはいえ私自身もかなりキツイが)が親子はかなり大変だった。
小太刀基本動作の後で練習試合を行うが初心者の親子を引き立てる関係で私は相手の打突を受けるだけで打つのは出来ないためかなり疲れてしまった。
練習試合が終わると練習が終わり、となるがこのままでは盾小太刀や盾長剣の練習ができないため副会長に無理を頼んで盾小太刀や盾長剣の練習を行ったが副会長はなかなか打てないためかなり困っていた。今思うと無理にしなければ良かった、と後悔している。

木曜日の練習

いつものように練習があるが先週の反省を兼ねて今日は最後の得物自由では長巻を、と考えて練習に臨んだ。
子供の部の練習では基本動作から入ったものの私自身が行うことはなかった。その次に押し相撲をするがそれだけなく『重心を低くする」というのを理解すべく子供たち持ち上げたりするなど変わったことをした(ただし大人が理解するのではなきく子供たちが理解すべく行った)。
子供の部が終わると今度は大人の部になるが先ほど述べた通り、最後の得物自由では長巻を行う事にした。とはいえ小太刀や長剣フリーでは今までよりも動きが良かったが気がつくと相手が打って来るのを待ってから打っていたのに気がついた。二刀でも同じようにしていたが長巻では待ってからでは不利と考えて先に打つようにしていたためかなり打たれた。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる