FC2ブログ

金曜日の練習

  いつものように練習に向かうがそこにはO先生しかいないものの少ししてT君が来た。今回も練習が始まる前に面の口に養生テープを貼っておいた。
  最初にラダーを使ってのトレーニングを行うが最初こそうまくできたが途中からうまくできなかった。
  ラダーを使ってのトレーニングが終わると会長やS先生が来たので久しぶりにS道場での準備体操を行うと突き蹴りを行った。
  突き蹴りが終わると次に小太刀で盾を打ったり受ける練習を行ったがT君はあまりやる気がないのでダラダラと打ったり受けたりしていたのに対して私の方はうまく打っていたが間合いが近いため小太刀の根元近くで打っており、間合いではうまくできなかった。
盾を使っての練習が終わる次に小太刀での回り稽古を行った。T君には手加減をしていたがO先生や会長にはうまく攻めながら打った。その次に長剣を行ったがここでもT君には手加減を行ったがO先生や会長にはうまく打つ事ができた。
長剣が終わると残りの時間でT君と盾小太刀を行ったがここでも手加減をしながら行った。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

木曜日の練習(見学の方が来た)

  午前2時ごろに目が覚めてしまい疲れが残っている中、練習に向かった。
私が練習場所に到着した際には盾と小太刀を使っての練習が行われていて、しかも終わっていた。
  練習に加わるのができなかったもののその後の練習には加わる事ができたが着替えると練習が始まる前に道場の先生が「もし槍(実際には長槍)や長巻をしたいのならSさんに習うと良い」と言われたのを受けて見学をしている方(以降、『見学の方』)に長槍と棒を見せたり使い方を述べたりした。その後で養生テープを面にある口の部分に貼った(詳細は補足で述べる)。
補足
  S道場でスポチャンの練習を行う際には面にある口の部分(呼吸をしやすくするため)
に養生テープを貼ったのを受けて行った。
→新型コロナウイルスの感染防止のため飛沫が少しでも出ないようにするために口の部分に養生テープを貼ってから行った。

  最初に小太刀から始まったが一番目は見学に着ている方だった。そのためやりやすいようにしつつ打った。とはいえ見学の方は初めて行うためうまく打つ事ができなかったものの私の方は2回、打たれていた。その後は動きがそこそこ良かったもののうまく打つ事ができなかった。
  小太刀が終わると次に長剣を行ったがこちらはうまく打つ事ができなかった。
長剣が終わると次に二刀を行ったがHさん(ご子息の方)は盾長剣だったので私も盾長剣にしたかったがそのまま行ったのは失敗だった。
  二刀が終わると残りの時間が少ない中、得物自由、と言うことで長巻で行ったがこちらもうまく打つ事ができなかった。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

火曜日の練習(熱疲労には勝てなかったよ…)


  G県のI市で40度を超える気温になった中でいつものように練習に向かうが練習場所では冷房を入れていないためかなり暑くなっていて温度が下がるまで待つ事になった(なお1階は早いうちに冷房が入っていたが2階は冷房が入っていなかった)が準備をするためその場所にいなくてならないため失敗した。もっとも朝早くにウォーキングをして十分な休憩をしていないだけでなく少し眠い中で練習に向かったのは失敗だった…。
  いつものように準備体操、ではなくいきなり練習を始めたが今回は突きと足打ちの練習だった(なお詳細は真似をされると困るため伏せる)。ただ後からY君とN君が来たため途中で抜ける事になったのは痛かった。
練習が終わると次に練習試合を行ったがこのあたりから少し眠くなって来ていて調子が悪かった。
練習試合が終わると次に道場の先生との練習が行われるがいつも以上に調子が悪いため思うように打つ事ができなかった。しかも道場の先生までも調子が悪いため道場の先生との練習を中断したがこれ以上は無理判断して自宅に帰った。

ようやく始まった金曜日の練習

  先週は勘違いで夜の8時間際に来てしまい失敗したので今回は間違えないように夜の7時間際に来た。ただS道場はT君しかいないため無駄だと感じるもT君といっしょに練習を行うがべく向かった。
  練習ではO先生と行ったが最初にラダートレーニングでは思うようにできなかったのは痛かった…。
その次に準備体操を行うとともに突き蹴りを行った際に声を出して行ったがT君は声を出さずに行ったので声を出して良いのか迷った(詳細は補足で述べる)。

補足
  新型コロナウイルスの件で声を出して行うと飛沫による感染があるため声を出さずに行うのが良いのは分かっていたが声を出して行うか迷った。なおS道場はエアコンがなく窓を開けただけのため気温がかなり高くマスクを着けて行うと熱中症になるため途中で外した。

  準備体操が終わると最初に小太刀基本動作を行ったが振る際に剣先が震えるためうまくできなかった。もっともT君はここでも声を出していなかったためここでも声を出して良いのか迷った。
小太刀基本動作が終わると次に小太刀の練習を行ったがそこでは盾を使っての打ち(詳細は補足2で述べる)を行ったがT君はうまくできなかったのに対して私はうまく打つ事ができた。

補足2
詳細を述べると真似をされるため多くは言えないが簡単に述べるなら盾を持っている人が最初に打って来るのを小太刀で受け止めてから盾を打つ、というのを行った。

  盾を使っての打ちが終わると練習試合を行ったがT君と行った際に最初はO先生と行ったがO先生は隙を与えて打つのをしなかったのを見た上で交代した際には隙を与えて打たせるようにした。
その次に長剣を行ったがここでもO先生は隙を与えて打たせるのをしなかったのでこちらも隙を与えて打たせるようにした。
T君との練習試合が終わった後でO先生と行ったがそこそこ打つ事ができた。
やがて時間が来たため自宅に帰った。

ようやく始まったM道場の練習

  M道場の連絡がないため『M道場はもうダメかもしれない』と考えていたが先週になって『再開する』という話を聞いて早速、向かった。
  練習場所に到着するがそこでは体温をチェックする機械があるだけでなく健康状態を記入する書類を提出(なお書類を提出する話を聞いていたので書類にはチェックを入れてある)をした上で中に入る事ができた。
武道館の中に入ると新型コロナウイルスの感染防止のためうがいと顔と頭を洗うためトイレで行って(詳細は補足で述べる)から練習場所に入った。

補足
  新型コロナウイルスの感染を防ぐ際に「うがいだけは十分ではなく、顔と頭を洗う必要がある」と聞いていたので顔や頭を石鹸(むしろボディソープ)で洗っておきたかった。少なくとも汗をかく事で顔や髪に付着している新型コロナウイルスが目や口に入るのを防ぐのが狙い。

  トイレで顔と頭を洗ってから練習場所に到着するがそこでは座席が使えないため座席の前にある床に得物を置いていたが緊急事態宣言の前にいる方たちとは別に来ている方(O君)がいたため分からないので道場の先生にたずねた所、『H先生が(T道場を)閉鎖した関係でM道場に来た』との事だった。

  最初に小太刀から始めたもののO道場の先生との練習とは違ってうまく動く事はできたが打つのはうまくできなかった。
小太刀が終わると次に長剣を行ったがここではうまく打つ事も動く事もできなかった。
  長剣が終わると次はなぜか二刀だったはうまく打つ事ができなかった。
長剣の次にここでもなぜか得物自由なので長巻を選んだがこの頃から疲れが出始めたためうまく打つ事も動く事もできなかった。
  最後に長剣両手を行ったが始まる前にトイレに行ったのが失敗してあまり多くできなかった。
やがて時間が来たため練習が終わると自宅に帰った。
プロフィール

ケンダイ

Author:ケンダイ
スポーツチャンバラをこよなく愛していますが練習でして来た事を振り返るべくブログを立ち上げました。このブログでは主にスポーツチャンバラの練習や大会の事について書きます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる